摂理ママのあっこです

 

10月は栄光期間、

 

賛美で、楽器演奏で、

さまざまな方法で

神様に栄光を帰します

 

同じ教会にいる

6歳の女の子(母親がバイオリンの指導者)と

10歳のチタちゃんが

バイオリン演奏を捧げることになりました

 

お姉ちゃんの真似っ子の

6歳のトラ君もちょこっとだけ

参加させてもらいました(^_^;)

 

 

 

人に聞いてもらうものではなく、

神様に聞いてもらうものなので、

技術もさることながら、

心、姿勢、真心がとても大事です

 

 

 

前日の土曜日、

教会で最後の練習をしました

 

バイオリンの指導者のママさんが、

お祈りをしてから練習を始めました

 

最初から

全くやる気がないトラ君に

ママさんが切々と

まっすぐに、

話をしてくれます

 

トラ君、

バイオリンについて

自分にまっすぐに、少し厳しく

話をされたのは初めてだったので、

少し涙目で、

でも1つ1つよく聞いて、

うなづいていました

 

バイオリンがわからないあっこママには

到底、話すことができない話、

厳しさの中に深い愛を感じ、

本当にありがたいと思いました

 

 

 

さて、

トラ君へのお話が終わった後は、

6歳と10歳の女子たちの

バイオリン練習が始まります

 

ママさん「はい、もう1回!」

女子「休みはないの?」

ママさん「ない! はい、次!」

 

2時間の休みなしの練習、

少しはうまくなった、、、、かな????

 

 

さて、

当日の日曜(主日)、

初等部の礼拝で捧げました

 

大雨の中、

バイオリンをかついで行き、

演奏しました

 

バイオリンと譜面台と楽譜があるから、

雨の中、いつも以上の大荷物で

あっこママはびちょびちょ(^_^;)

 

 

さて、二世たちは正装して

3人で並び、

ピアニストのパパさんの伴奏で

バイオリンを演奏しました

 

 

前日の練習から

格段にうまくなったとか、

そんなことはなく、

前日の練習と同じような

出来だったと思います。

 

技術的なことは

あっこママには

よくわかりませんでしたが、

聞いていて、

心が熱く、嬉しくなりました

 

きっと神様が喜んで受け取ってくださったと

思います。

 

無事に子供たちが

神様に栄光を捧げることができて、

本当に感謝です

 

 

 

ちなみに、

「今日がんばったから、アイス食べたい!」と

チタちゃんとトラ君が主張し、

家族4人で

サーティーワンのアイスを食べに行きました、とさ(笑)

 

あっこ

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.
アバター

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 中学生のチタちゃん(女子)と小学校低学年のトラ君(男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中!子供が学校にいる時間に主婦パートのお仕事をしています(^ ^)