あっこママが

女の子のママになったのは11年前、

男の子のママになったのが6年前、

 

男女の違いを感じることも多いけれど、

年の差兄弟(5学年差)のため、

育児グッズや環境の変化を感じることもある

 

11年前に比べて

随分変わったと思うのが、オムツ(それか!!)

 

科学技術の粋を集めた

進化に驚くことしきり(笑)

 

ママ友(4人の母、小学生を筆頭に男3人、女1人)の話では、

子供は大体2年ごとに生まれたけれど(笑)

オムツはどんどん進化してきて、

1人目のときより2人目、3人目、4人目と

どんどんもれなくなってきた

だから、オムツ替えは下に行くほど、

そーとー適当になってるけど、

それでも、もれないんだよねー

 

到底、子供がいるようには見えない、

華奢(きゃしゃ)な体格、

独身かと間違えるほどの可愛い顔で

にっこり笑う4人の母(笑)

 

たしかに、11歳の娘が赤ちゃんのときは

オムツかぶれがひどくて、

よく漏れたけれど、

6歳の息子のときは

オムツ替えをそれほどしなくても、

オムツかぶれはせず(肌質もあるけど)

あまり漏れなかった

 

幼稚園や小学校のママ友で

ベビーちゃんがいる親たちにきくと、

弟妹のオムツは、

もっともっと進化して、漏れにくくなったと

口を揃えて言っている

 

それを聞いて、布おむつで子供を育てた義母は

「そんな楽してばっかりいると、どんどんオムツ外れが遅くなるよ」

はい、おっしゃるとおりです(笑)

 

ちなみに、赤ちゃんと外出時にあると便利なのが、

使用済みオムツを入れるゴミ袋。

使用済みオムツは持って帰るのがマナーなので、

(トイレに捨てる人もいるけれどNGです)

特に夏場の使用済みオムツの匂いはたまらない(^_^;)

 

持ち帰り用のゴミ袋も進化しているらしい

医療用などに開発された消臭効果が高いゴミ袋が

オススメとか。

 

うちは、オムツ用の消臭ゴミ箱を使ったが、

本体も専用カートリッジもそれなりに高かった。

 

今どきは消臭効果があるゴミ袋が幾つも出ていて、

オムツ専用ゴミ箱はいらない、と言い放つママもいる

 

数年でも時代はどんどん進化していると感じる

オムツ事情でした♫

 

あっこ

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!
The following two tabs change content below.
あっこママ

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。夜中まで働き、海外出張もこなすキャリアウーマンだったが、摂理での結婚、出産により、在宅勤務を経て、完全退職。今は、主と共に小学生の娘(11歳)と息子(7歳)の育児に奮闘中!趣味は食べること、旅行(学生時代にユーラシア大陸を陸路で横断した経験あり