今年の都民の日は、東武動物公園へ行った

 

北千住から東武スカイツリーラインに乗り、

東武動物公園駅から15分程度歩くと、

東門に到着

ちなみに、門の前の駐車場は

1日で400円から500円。

土日祝日はすぐに満車になりそうな広さだが、

都民の日だったから、

昼ごろ着いたが、まだ空いていた

 

県民の日(都民の日)割引で、

子供の入園料は、通常700円が無料に。

大人の入園料は、通常1700円だが、

カードの特典で1400円になった

 

東武動物公園に、

遊園地やプールとしてではなく、

動物園として行きたいと思っていたけれど、

 

動物園としては、入園料が高めだったので

都民の日割引を使って

妥当な金額になって助かった\(^o^)/

 

さて、東武動物公園は、

遊園地と動物園とプールが合体した

複合型の遊園地

 

私たちの目的は動物園!

 

東武動物公園駅から15分程度歩き、

東門から遊園地の横を通って

歩くこと、さらに15分で

動物園のエリアに到着

 

台風一過の猛暑の中、

30分ほど歩き続けたため、

プチ熱中症になりそうだった(^_^;)

 

左側に行くとサバンナの動物たち

(キリン、サイ、しまうま、だちょうなど)

 

右側に行くと動物園エリア

 

 

まずはお目当てのホワイトタイガー

白い個体は「神の化身」とも言われたそうで、

野生には生息していない貴重な動物だ

 

↓日向で寝ているホワイトタイガー

↓岩の上でポーズをとる。美しい〜

 

 

そのまま、隣にあるライオンのコーナーへ

地下に潜ると、ライオンのフィールドの

ど真ん中に出ることができる(もちろんガラス越し)

 

↓左側の台の下にライオンが寝ている

 

 

注目のヒグマの森

ガラス越し、すぐそばに大きなヒグマ

11歳のチタちゃんがポツリと一言。

「このヒグマはもう諦めているけれど、

森の中でこの近さであったら終わってるね」

さすが、6年生

”諦めている”という言葉が

ちょっと大人っぽいと思った

 

 

おもしろかったのは、

お母さんカンガルーと赤ちゃんがいたこと

 

↓お腹のポケットに入っている赤ちゃん、手と尻尾が見えている

チタちゃんが「赤ちゃん、出てきてほしいなぁ」と

つぶやいて、しばらくして、

赤ちゃんがポケットから出てきた\(^o^)/

 

↓たどたどしい歩き方で、お母さんにぴったりくっついている

↓お腹の袋の中に頭を突っ込んで、おっぱいを飲んでいる

チタちゃんと弟のトラ君は

カンガルー親子を30分くらい

ずっと見つめていたっけ。

 

見てみたかったのは、ほたりウム↓

劇場型ほたる鑑賞空間と題打って、

別料金(一人400円、ワンデーパス可)で鑑賞可能

 

まず中に入り、

目を慣らすために6分程度、

ナレーションを聞きながら、暗闇に座って待った

 

そのあと、暗闇の中、案内された椅子に座ると

中央にある水槽を覆っていた幕が上がり、

10分程度、真っ暗闇の中で

ナレーションを聞きながら、

ホタルの光を鑑賞するというもの

 

暗闇に目が慣れたので、

卵、幼虫、成虫のホタルの光が

とても明るく、神秘的に光っているのを

見ることができた

 

動物園としては、

よく行く多摩動物園やズーラシアが好きだが、

ホワイトタイガーやホタル、

ライオンやヒグマなど

東武動物公園ならではの珍しい展示があり

なかなか見ない動物や展示方法からこそ、

心に響いてくることもあり、悟り深かった

 

 

 

 

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 チタちゃん(11歳女子)とトラ君(7歳男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は専業主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中、仕事も探し中(笑)