摂理ママのあっこです

日本人の宗教に対するイメージ、
いろいろあるかと思いますが、

摂理には
そのイメージに
全く当てはまらない人たちが
たくさんいます(笑)

というわけで、
身近にいる摂理メンバーへ
インタビューしてみました

第一回目は
長年、数学系の仕事をし
豊富な経験と経歴を持つ
男性社会人(T氏)です

T氏は、30代後半、
社会人の時に伝道されました

あっこ
「摂理に出会ったきっかけは何ですか?」

《T氏》
それまで自分が人生をかけて得ようとしていた肉的な夢(社会的地位や名誉、お金など)、人生の目的、やりがいなど全て失った時、神様を探しました

そして、
摂理に出会い、
神様に出会い、
神様が自分の全てになりました

その以前に摂理の人たちと出会い、いい人たちだとは思いましたが、その時は、神様の御言葉を知りたいとは思いませんでした。

あっこ
「宗教に対して抵抗はありませんでしたか?」

《T氏》
もちろん抵抗はすごくありましたよ!

今まで手に入れようとしたものを全て失ったとき、神様に頼るしかないかと思いましたが、正直、神様を信じる自分に対して抵抗はありました。

理屈に合わないことを聞いても信じないといけないという諦めとともに御言葉を聞きに行きました。

実際に御言葉を聞いてみたら、理系で社会人の私から見ても、理知に合わないことはなく、これは信じても大丈夫だと確信しました

あっこ
「最後に一言お願いします」

《T氏》
神様が神様の世界に呼ぶために、計画的に、夢を持たせ、全てを失わせ、神様に出会うようにしたとしか思えません

人間は私を選んでくれなかったかもしれませんが、神様が私を選んでくれました

摂理は神様が直接働かれる世界だと確信しています

 

スクリーンショット 2017-01-13 9.57.08

T氏は、
神様の御働きにより、
初めて摂理メンバーがいるところに行った時に
たまたま、その場にいた女性と後に結婚し、
可愛いお嬢さんのパパになりました

ご両親を伝道し、
三世代で摂理の教会に通っています

神様を喜ばせるために
踊りで栄光を捧げる姿は
とても恵み深いです

以上、摂理メンバーへの
インタビューでした

あっこ

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 チタちゃん(11歳女子)とトラ君(7歳男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は専業主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中、仕事も探し中(笑)