聖書・御言葉

お酒(アルコール)に発がん物質がある!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

摂理ママのあっこです

昔の話なので、時効ですが(^^;

中学高校と体育会系の部活に所属しました

試合の打ち上げのとき
応援に来た大学生のOBOGに
「ちょっとだけ飲んでみろよ」と
お酒を勧められました(> <)

なので、初めてお酒を飲んだのは、
中学生、高校でも何度か飲みました ←犯罪です

受験戦争をがんばって、
第一志望の大学に入ったら
待っていたのは
「お酒を当たり前のように飲む」世界でした

IMG_4485

顔が赤くなってみっともないし、
気分は暗くなるし
お酒を飲んだ人の雰囲気もキライ、
タバコの匂いも大キライ、

飲み屋のトイレで
「早く帰りたいなぁ〜」と
よく鏡を見つめていました

ワインやカクテルは
おしゃれな雰囲気に惹かれ
親戚のワインのソムリエに頼んで
フランスのシャトーに行ったり、
飛行機やバーでカクテルを頼んだり、

イメージ先行でした(苦笑)

大学3年の冬に摂理に来て、
「お酒を飲まないで生きられる世界がある!」と
とても喜んだのを覚えています

FullSizeRender(15)

摂理では
お酒やタバコはを飲む人はほとんどいません

鄭明析先生が
神様の言葉を代弁して
教えてくださるからです。

2016年6月6日、摂理、鄭明析牧師の御言葉より
「あれだけ「酒を飲むな。たばこをやめなさい」と言ったのに、やめずに続けた人たちの中で死んだ人がいます。酒は一杯飲んだだけでも、その中に「発がん物質」があるから、一杯の酒でもよくないです」

WHO(世界保健機関)によると、
飲酒は様々な癌の原因になりますが(※1)、
そもそも「アルコールとアセトアルデヒド(※2)に発がん性」があるそうです。

日本人には、
遺伝的に分解する酵素が弱い人がそれなりに多く、
発癌リスクがさらに高くなるそうです。(※3)

そして、
「飲酒と喫煙とは相乗的に多発癌の危険性を高め」るそうです。

御言葉で神様が教えてくださり、
お酒を飲まないようにして
健康を守ってくださった
神様に
改めて心からの感謝をささげます!!

お酒を飲んでいる方、
タバコを吸っている方、
今からでも遅くないです

神様が警告していらっしゃる今、
スパッとやめることを
心からオススメします!

あっこ

(※1)
「WHO(世 界保健機関)の評価(2007年)では、飲酒は口腔・咽頭・喉頭・食道・肝臓・大腸と女性の乳房の癌の原因となるとされています。またアルコールそのもの に発癌(がん)性があり、少量の飲酒で赤くなる体質の2型アルデヒド脱水素酵素の働きが弱い人では、アルコール代謝産物のアセトアルデヒドが食道癌の原因 となるとも結論づけています。」

(※2)アルコールはアルコール脱水素酵素(ADH)の作用でアセトアルデヒドに変わり、アルデヒド脱水素酵素(ALDH)の作用で酢酸に代わります。

(※3)
「ア ルコール脱水素酵素 ADH1B(旧名ADH2)の働きが特に弱い人は日本人の7%程度」、「2型アルデヒド脱水素酵素(ALDH2)の働きが弱い人は日 本人の40%程度」に見られ、「このふたつの酵素の働きが弱い人が飲酒家になると口腔・咽頭・食道の発癌リスクが特に高く」なるそうです。

すべて引用は、厚生労働省のe-ヘルスネット「飲酒ーアルコールによる健康障害ーアルコールと癌」https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/alcohol/a-01-008.html

この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 摂理の御言葉より 〜神様への接し方
  2. 生ゴミと心のゴミ 〜悔い改め
  3. 摂理の御言葉より 〜どのように実践するか
  4. 味違いのグラタン 〜考えの差
  5. 命の危険と向かい合わせ
  6. 聖書の話 〜アダムとエバ(イブ)
  7. 摂理の御言葉より 〜知恵とは
  8. ひたすら神様に感謝!

聖書・御言葉

月明洞

摂理の食卓・レシピ

PAGE TOP