つれづれ日記

漏水事件 その4 〜鄭明析先生の感謝の生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その1その2その3から続く)

漏水を通して
当たり前なこと
すでにもらっていることへの
感謝が足りなかったことを
痛感したあっこでした

 

さて、
私たちに神様の御言葉を伝えて下さる
鄭明析先生はどういう方でしょうか

鄭明析先生と神様との対話から
先生と私の違いを痛感します

2016年7月17日 鄭明析牧師の御言葉より
先生「「私は死ぬ時まで<神様がくださったもの>を忘れずに感謝し、それを『楽しみ』として話して生きます」と言いました。」

神様「創造主もあなたも彼らに与えるけれども、彼らはもらっても享受できない。だから心に『喜び』もなく、それによる『愛』もない。これは<考え>が小さく次元が低いからだ。 彼らが大きくなり成長すれば、もらったものを悟って、享受し、喜んで、私エホバを愛するだろう。 だから御言葉を教えなさい。」


以前、鄭明析先生とお会いしたとき
先生は神様があれを下さった、これを下さったと
よく自慢されていました

「その話、何回か聞いた」と
思ったりもしたことを思い出します

何度も自慢するのは
話したことを忘れたからではなく、

鄭明析先生が
何度も何度も感謝するから
感謝して神様に栄光を帰すため

そのことがよくわかったのは
鄭明析先生に会えなくなってからでした

 

以前は
聖地ウォルミョンドンに行きさえすれば
当たり前のように
鄭明析先生に会うことができました

鄭明析先生が
ウォルミョンドンを離れて長い時間がたってから
それが
どれほど価値があることだったのか
骨身にしみるようになりました

 

 いまも
神様は私たちにたくさんのことを
与えてくださっています

でも気がつけない
だから感謝もできない
だから神様を正しく愛することもできません

 

 

当たり前のことを失って初めて気がついて

悲しむ人にもうなりたくないです

 

御言葉を学び、

神様が与えて下さったことに

たくさん気がつき

鄭明析先生のように

いつも感謝する人になりたいです!

 

あっこ

 

この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 箱根駅伝応援!往路優勝の青山学院大学
  2. 東北岩手県から学ぶ「忍耐の精神」
  3. パレタス 身体にいいフローズンバー
  4. 摂理で結婚して良かったことーその2【共同ブログ】
  5. ズーラシアに行ってきました。
  6. 祈りの効果
  7. 雨の日に思うこと
  8. 好きな聖句~旧約編~

聖書・御言葉

月明洞

摂理の食卓・レシピ

PAGE TOP