つれづれ日記

漏水事件 その4 〜鄭明析先生の感謝の生


その1その2その3から続く)

漏水を通して
当たり前なこと
すでにもらっていることへの
感謝が足りなかったことを
痛感したあっこでした

 

さて、
私たちに神様の御言葉を伝えて下さる
鄭明析先生はどういう方でしょうか

鄭明析先生と神様との対話から
先生と私の違いを痛感します

2016年7月17日 鄭明析牧師の御言葉より
先生「「私は死ぬ時まで<神様がくださったもの>を忘れずに感謝し、それを『楽しみ』として話して生きます」と言いました。」

神様「創造主もあなたも彼らに与えるけれども、彼らはもらっても享受できない。だから心に『喜び』もなく、それによる『愛』もない。これは<考え>が小さく次元が低いからだ。 彼らが大きくなり成長すれば、もらったものを悟って、享受し、喜んで、私エホバを愛するだろう。 だから御言葉を教えなさい。」


以前、鄭明析先生とお会いしたとき
先生は神様があれを下さった、これを下さったと
よく自慢されていました

「その話、何回か聞いた」と
思ったりもしたことを思い出します

何度も自慢するのは
話したことを忘れたからではなく、

鄭明析先生が
何度も何度も感謝するから
感謝して神様に栄光を帰すため

そのことがよくわかったのは
鄭明析先生に会えなくなってからでした

 

以前は
聖地ウォルミョンドンに行きさえすれば
当たり前のように
鄭明析先生に会うことができました

鄭明析先生が
ウォルミョンドンを離れて長い時間がたってから
それが
どれほど価値があることだったのか
骨身にしみるようになりました

 

 いまも
神様は私たちにたくさんのことを
与えてくださっています

でも気がつけない
だから感謝もできない
だから神様を正しく愛することもできません

 

 

当たり前のことを失って初めて気がついて

悲しむ人にもうなりたくないです

 

御言葉を学び、

神様が与えて下さったことに

たくさん気がつき

鄭明析先生のように

いつも感謝する人になりたいです!

 

あっこ

 

この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!
The following two tabs change content below.
あっこ

あっこ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 大学時代にキリスト教福音宣教会に出会う。 10年以上、IT企業に勤務、夜中まで働き、海外出張もこなすキャリアウーマンだったが、摂理での結婚、出産により、在宅勤務を経て、完全退職。 今は、夢にも考えなかった専業主婦として、主と共に小学生の娘(10歳)と幼稚園生の息子(5歳)の育児に奮闘中!

関連記事

  1. つれづれ日記

    母からの手紙〜出産の記憶〜

    母から手紙が届きました。ひ…

  2. つれづれ日記

    娘からパパヘのプレゼント

    先日、娘がパパにプレゼントをしました。パパの名前をテプラのおも…

  3. つれづれ日記

    お絵描き練習〜ビルの隙間から見えた月〜

    今週。ふとビルの隙間から月が見えました。久々に見た月。…

  4. つれづれ日記

    家族でストレッチ&筋トレ生活!

    最近の我が家の日課といえば・・・寝る前のストレッチ&筋トレ。…

  5. つれづれ日記

    火事から守って下さった神様

    摂理ママのあっこです摂理メンバーとのランチのあと、自転車で…

  6. つれづれ日記

    最後まで諦めないこと

    『最後まで諦めない』勉強すること、仕事をすること、子育てをする…

Twitter でフォロー

オススメ記事

アーカイブ

  1. 摂理の結婚生活

    摂理で結婚して感じること
  2. 摂理の結婚生活

    摂理で結婚して良かったことーその1【お祈り】
  3. 摂理の結婚生活

    ちょっと気になる摂理の結婚!祝福・結婚式〜私の体験談〜
  4. 摂理の結婚生活

    摂理で結婚-幸せな家庭生活を目指して-
  5. 摂理の結婚生活

    結婚は異文化交流!?
PAGE TOP