ピカピカの中学1年生になったチタちゃん、

チタちゃんの中学校は、給食なしで、

毎日のお弁当作りが待っている(・_・;

 

でもコンビニで買うのはOKだったり、

パンやお弁当の校内販売もあったりする

母にも”少しだけ”やさしい学校である

(母に”完全に”やさしい学校=給食がある学校)

 

家にあるのは、

幼稚園の時に使ったお弁当箱と、

小学校の遠足とかで使った

プラスチックの二段弁当箱と

母のこだわりの曲げわっぱのお弁当箱

 

というわけで、

まずはお弁当箱を選ぶところから

スタートである

 

 

まずは容量。

色々と調べて、

個人差はあるとはいえ、

どうやら中学生女子のお弁当箱は、

700mlあれば良さそう。

(男子は、ざっくり、1000mlくらい)

 

 

あとは形と素材。

形は

オーソドックスなお弁当タイプの他に

どんぶりタイプ、

細長いタイプ、

保温ジャー、

留め金付きタイプなど

 

 

素材は、

バリエーション豊富なプラスチック、

洗いやすいアルミ、ステンレス、

おいしそうに見える木製など

 

あとは本人の好みで決めるのみ。

 

(↓お弁当グッズも買い揃える、ほとんど100均で調達)

 

ぱんだパパは

持ち運びのしやすさで、

最近はやりの

細長いステンレスのお弁当箱を勧め、

 

私は、洗いやすさと匂いがつかない

ステンレスか

おいしく食べられる

曲げわっぱ(ご飯が冷め切らないでも入れてOK)を

強力におススメしたが、

 

チタちゃんは女子らしく

見た目のかわいさで選んで、

プラスチック製の留め金付きのお弁当を購入した

 

母も初めての毎日のお弁当生活、

(幼稚園は週3回のお弁当だった)

 

さて、どうなることやら(続く)

 

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.
アバター

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 中学生のチタちゃん(女子)と小学校低学年のトラ君(男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中!子供が学校にいる時間に主婦パートのお仕事をしています(^ ^)