どうもこんにちは。

徳島だよりの時間です。

ああ、神様は何という愛の方だろう。

どれほど私を愛してくださっているのか。

どれほど私の家庭を愛してくださっているのか。

そのあまりにも大きな愛に心から感謝です。

一人の命がどれほど神様にとって価値があるのか。

命というのはどれほど美しく神秘的で喜びなのか。

冒頭から一体何事かと思う方もいると思いますが、

そうです、

ついに我が家に第一子が生まれたのです!(o^^o)

一昨日の明け方に妻が破水して、そのまま即入院。このまま一気に陣痛が来て出産…

かと思いきや、なかなか陣痛が来ず。。。

結局陣痛が来たのはその日の夜になってからでした。

昼間は平然としていた妻が、これまで見たことないくらい痛がって苦しがっている。。。

私はどう支えてあげたらいいのか。

まずはひたすら祈りました。

どうかこの子が無事に生まれてくるように。

妻にも生まれくる赤ちゃんにも、最後まで神様が共にしてくださるように。

妻も赤ちゃんを生むために歯を食いしばっているので、時々水を飲ませたり。

そのようにして、次の日の明け方になりました。

極的に気張る妻。頑張って外に出ようとしている赤ちゃん。

ああ、生みの苦しみというのはこれほどのものなのか。今普通に子供育ててるお母さんたちも、みんなこんな痛みを経験してきたのか。昔聞いたことあるよ。男性がお産の痛みを経験したら、痛さのあまり死ぬと。女性はなんて強いんだろう。

そんなことを考えながら、悶え苦しむ妻の側にいました。

忙しく動く助産師さんたちの横で、私はひたすら祈り、妻が水を欲したらすぐに差し出すようにしました。

そして、ついに待ちに待った時が来ました。

赤ちゃんがゆっくりと外に出てきました。

産声を上げる赤ちゃん。

ああ、、ついに生まれたんだ。。

私はすぐに用意してあった手袋をはめ、赤ちゃんに繋がっているへその緒を切りました。

ジョキジョキと、ゴム管を切ってるような感触でした。

本当によく頑張ったな。

とてつもない痛みに耐えた妻。

必死で産道を掻き分けて外に出てきた赤ちゃん。

どちらにも心からの労いの言葉をかけました。

そして、ここまで共にしてくださった神様に、本当に感謝しました。

なんて可愛いんだろう。

今まで数々の赤ちゃんを見てきましたが、こんなに可愛い赤ちゃんは見たことないです。

命というのは、こんなにも可愛くて、尊いものなんですね。

私たちですらこれほど喜ばしいのに、神様はどれほどこの命の誕生を喜ばれているでしょうか。

そのように私たちが生まれたときも、神様はとても喜んでくださったんですね。

赤ちゃんはとても元気な男の子です。

生まれて早速、妻の母乳をごくごく飲んでました。

ここがスタートです。

これからも妻と、そして神様と共に、この子をしっかりと育てていきます!

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.
義高(よしたか)

義高(よしたか)

徳島県で働く地方公務員です。大学生の時に「キリスト教福音宣教会(摂理)」に出会いました。趣味は音楽(ギター、ベース、カホン等)、鉄道、旅行、美味いもの巡り、お笑い、不定期に行なう筋トレ、ラケット系競技など。基本的にのんびりまったりとした人間です。最近のマイブームは卓球、ワールドカップを機にサッカー観戦にもハマりそう。摂理で出会った人と結婚し、秋に待望の第一子である男の子(まーくん)が誕生しました!
義高(よしたか)

最新記事 by 義高(よしたか) (全て見る)