霊の世界。

みなさんは信じますか?しかし、霊の世界。

それがないのであれば、霊と言う概念を誰が考え出したのでしょうか?

不思議ですよね。

「火がないところに煙は立たない」と言いますが、、、

さて、この世の中では

お金や時間をかけた分、また、それに見合う努力をした時、

大きな家やそれぞれの欲しい物など、様々なモノが手に入ります。

また、仕事をがんばって、実績を重ねたり、中にはスポーツで金メダルを取って、

名誉と功績をたてる人もいます。

自分が行なったことの対価、あるいは成果として、それらのモノを手に入れることができます。

それと同じように・・・

霊の世界では、

神様の御言葉に従い、行なうことで、霊の世界での功績をたてることができるのです。

そして、自分自身の肉体の寿命を迎えた後で、それらのモノを永遠に享受することができるのです。

人はこの肉体の死を迎える時で終わるのでしょうか?

また、良いことをしたら、天国に行く?と説いている人もいますが・・・

なにか?判断基準があいまいなような気がしませんか?

誰にとっての良いことだったら天国に行けるのでしょうか?

その判断基準はどこにあるのでしょうか?

スポーツだったら、優勝して金メダルをとることが判断基準ですよね。

良いこと。

もしかしたら、人によっては、国のため、みんなのためと戦争の道具を作ることが

良いことだと思っているかもしれません。

それは良いことでしょうか?

みなさんも神様について、学んでみませんか?

そして、何が判断基準なのか?学んでみませんか?

 

『<自分の肉体の行ないと功績どおりに得た霊の権威と権勢>が

つまり「自分の家と自分の霊が住む環境」だ。

これは肉の世界においてもそうだし、霊の世界においてもそうだ。』

天国にはこんな家よりも、もっと良い家に住みたいですよね!

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.
prov人生

prov人生

ハレルヤ! 大阪で、家族4人で暮らしています。御言葉で子育てに奮闘中! 自分だけでなく、周りもイキイキと過ごせるようにしたいです。
prov人生

最新記事 by prov人生 (全て見る)