摂理ママ あっこです

 

前回に引き続き、鍾乳洞でのお話です

 

神様を考えながら

鍾乳洞を歩き進むと

いろいろ感じることがありました

 

まず、、、

じゃーん、石にハートの形

IMG_3655

それから女の人の顔の形象

IMG_3651

 

暗闇で撮った写真なので、かなりわかりにくいですが

見つけたときは、聖霊様だぁと嬉しくなりました

 

 

 

昔、その鍾乳洞は信仰の対象であり、

あちこちに石像や祠(ほこら)が置いてあり、

 

一緒に行った義母(神様を信じていない)は

「とりあえず拝んでおけばいいことある」と

お賽銭を投げては

あっちを拝み、

こっちを拝みしていました

 

よくわからないから

とりあえず皆が拝んでいるものに

手を合わせておこう

 

ああ、私も摂理に来る前は

こんな感じだったんだなぁ

 

 

それから、、、

鍾乳洞の名所についている名前

 

死出(しで)の山

賽(さい)の河原

三途(さんず)の川

 

薄暗いところに

怪しい色の照明を当てて

日本人の死生観って

なんて、おどろおどろしい

IMG_3652

 

死んだらどんなところに行くか

こわいし、気持ち悪いし

わからない

考えたくないから

考えない

 

摂理に来る前の私もそうでした

 

 

 

摂理の鄭明析牧師はおっしゃいます

「わからなければ学びなさい。

はっきりわかって行ないなさい」

 

摂理ではっきり学んだから

洞窟の奥で拝まれているものが何か

人間は死んだらどうなるか

人間は死んだらどこへ行くか

 

すべてわかります

 

あっこ

 


The following two tabs change content below.
あっこママ

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 中学生のチタちゃん(女子)と小学校低学年のトラ君(男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中!子供が学校にいる時間に主婦パートのお仕事をしています(^ ^)