摂理について

摂理で結婚するということ


結婚。

自分は結婚するのかしないのか
結婚するならどんな人とするのか
将来、人生を考えたときに
大きな人生の分岐点になるだけに
いろいろ考えちゃいますよね。

実は今日はRicca夫婦の5回目の結婚記念日。
これに合わせて記事を下書きしていたら、
思っていたことが今週の御言葉で

そのまま!

出て来たので、
それを絡めつつ書いていきます。

今日は摂理での結婚がテーマです^^

 

摂理の結婚は教祖が決める?

摂理で結婚するというと、
「教祖が相手を強制的に決める」
…と思っている人がいると聞きました。

え!そんなばかな。

相手どころか結婚するかどうかさえ、
本人の意志に委ねられてます。
一体どこからそんな噂が出たのか謎です。

摂理は自分を磨き、
神様との愛を育てるところなので、
一定年齢に達するまで結婚はしないし、
結婚の話が出ることもないです。

でも普通、教会に、
教会じゃなくても寺でも神社でも
「恋愛するため」や
「結婚相手を見つけるため」に
通う人っているんですかね?
いませんよね。
摂理も同じです。
教会は婚活の場ではありません。

後述しますが、ぶっちゃけ
Riccaは可能ならば誰と結婚しなさいと
決めて欲しいくらいでした^^;
「間違いのない結婚」をしたかったからです。

 

摂理で結婚、Riccaの場合

結婚への憧れ

私は昔から結婚に憧れがあったほうです。
自分の両親が特に仲が良かったわけではなく、
子どもの目からは「微妙」に映ってました。
「なんでこの2人結婚したんだろう」
と思っていたから、
反面教師としていたんですね。

自分は絶対「運命の相手」と結婚して、
素敵な家庭を作ろう!

と密かに決心していました。

でも、一番の難点は
誰が運命の相手かわからないということ。
日本人男性に絞ったとしても何千万人もいるのに、
一体どうやって見つけるんだろうと思っていました。
また、世の中の人は皆、
どうやって「この人だ」とわかるんだろうと思っていました。
この人が運命の相手だって
はっきりわかる根拠は何かと不思議でした。
後悔しないのか、
決定に不安はないのかと思っていました。

ドラマや漫画で描かれるような
大恋愛に憧れてましたが、
自分の身には起こり得ないだろう
という変な確信もありました。
所詮は作り物だし、
あるとしても一握りの人に起こることだろうと。
モテたことがなかったので、どこか冷めてました。

<自分の好み>どおりに生きてみたら、
保障がありません。
<自分の好み>は不安定です。信じられません。
なぜでしょうか?<考え>と<実体>とは違うからです。
<自分の好み>で「愛の相手」を選んだとしても、
<考え>と<実体>とが違う時が多いです。
<目>と<考え>では満足して
その人を選んで愛するけれども、
<実体>は「まずい食べ物」と同じで、後悔し、
結局互いに嫌になって別れるまでします。
そして「またほかの人」を探します。
やはり満足がなくて、また別れます。

<2016年11月13日 鄭明析牧師の主日の御言葉
『自分の好み』より>

自分が好きなままにやっていたら、
いずれこうなるだろう、
と予感していたのですね。

 

摂理で結婚

そして適齢期になり、
結婚を考える時期になりました。
神様が祝福してくださるなら!と
結婚の道を選んでみようと決心し、
自分に相応しい人と結婚できるよう祈りに祈ってました。
当時祈ってた項目がとってあったのですが、
結婚に関してだけで(するかしないかも含め)
4~5年祈ってましたよ、私^^;

失敗したくはない、
でも誰が相手かわからない。
いっそ決めてくれたら楽なのに!

第一、好みのタイプがよくわからない。
優しくてぇ、信仰がよくてぇ、
背が高くてぇ、料理ができてぇ、
スポーツがうまくてぇ、頭もよくってぇ、
賛美も上手でぇ
………
スーパーマンか?(–;

 

しかし摂理にいて良かったのは、
神様を頼みの綱にできたことです。
自分のことを自分以上にわかって下さってる神様。
自分の過去も未来も見通して、
一番相応しい相手と出会わせて下さるに違いない
という確信がありました。

それで出会ったのが今の夫です。

第一印象はハッキリ言って悪かったですね(笑)
でも夫が神様から
強い感動(=こうしたらいい、
あるいはダメという感覚、第六感のこと)を受け、
猛アタックがあって決めました。

 

先生が関与すること

先生が関与されるのは、
その人が一番相応しい道に進めるように
深くたくさんお祈りして下さることです。

噂通り先生が好きな通りに決めるなら、
初めから私たちの意志や希望もなく、
結果だけが発表されて終わることでしょう。

しかし摂理にはそんな事実はありません。

 

なぜ自分の好みを頼りに選ばないのか

なぜ自分の好みだけを頼りに選ばないのか。
そのへんの宗教臭さ(?)に
引っかかる人がいるかもしれません。

摂理で根底にあるのは、
自分のことも相手のことも完全にわかっているのは
自分ではなく神様だという事実です。

自分のことは、
今現在とせいぜい過去しかわかりません。
相手のことは、
今現在見えてることくらいしかわかりません。

でも神様は、
自分のことも相手のことも生まれる前から、
先祖代々や行く末までもご存じです。

そして、よりよく知ってる神様が選ぶ方が、
自分が選ぶ答えより
はるかに理想的な答えが出てくることを
私たちは生活をしながら実際に体験し、
学んできました。

誰がどう言おうと、この事実は変えられません。

<人間の好み>は「限界」があります。
だから<満足>にも「限界」があります。
だからそれだけ十分に満足し、
喜ぶようにしてくれることはできません。
ただ<全能者、神>だけが全能でいらっしゃるから、
「人間の好みと満足」を満たしてくださり、
それが「永遠」まで持続します。
また、<主>は神様と一体になって
その御力を受けて接してあげるから、
神様の御心の中で「人間の好みと満足」を満たしてあげ、
やはりそれが「永遠」まで持続します。

<好み>は「自分の考えの次元」どおりに決まります。
そのままにしておいたら不安で、信じることができません。
だから「神様と主」に委ねなさいということです。

<2016年11月13日 鄭明析牧師の主日の御言葉
『自分の好み』より>

摂理には、びっくりするほど
「絶妙」なカップルばかりです。
自分の好みだけで選んでいたら、
出会わなかったり
その人を選ばなかったりしていたかもしれません。

 

最後に

そんなこんなで
私は自信をもって結婚することができました。
実際、今の夫と時を過ごせば過ごすほど
こんなにぴったりな人は他にはいないという確信と
何より神様が祝福してくださっているという喜びで、
本当に幸せだなと思います。

人間の人生を保障できるのは人間ではなく、
神様だからです。

<自分の好み>は
<実際に経験してみて生きてみたら>違います。
よく合わないし、差が大きいです。
しかし<神様と聖霊様と御子の好み>は
実際に経験して生きてみたら、もっと理想的です。
それによって肉も魂も霊もみんな満足するようになります。
やはり「神様と聖霊様と御子の好み」が最高です!

<2016年11月13日 鄭明析牧師の主日の御言葉
『自分の好み』より>

これからも神様に委ねながら、
最高の家庭を築いていきたいと思います。
(道のりは平坦ではないですが…^^;)

 

 

参考

摂理で家庭を持つ人のブログ記事です^^
それぞれ個性に溢れた記事なので、
また違った切り口で「摂理で結婚」を
見られると思います。

摂理の男女交際と結婚、その生活

摂理で結婚!感動の結婚式!-家庭局からの手紙

「摂理の結婚はイイよ!」

結婚って何?

 

お・ま・け

写真は今日のランチのお店♪
夫が会社のボウリング大会でゲットしてきた
2人で12,000円相当のランチコースです!
夫が「せっかくだから、結婚記念日に」と
この日に合わせて子どもを預け(娘よ、ごめん!)
行ってきました。

~季節の地野菜を楽しむ特別ランチコース~

ウェルカムドリンク(?)
リンゴジュース(ノンアルコール)

 

10種類の野菜のテリーヌ
(バルサミコ酢、黒胡椒、トマト塩、天然塩、すだち塩を添えて)

 

パン

 

かぶのスープ カプチーノ仕立て
(マッシュルームの茶碗蒸しみたいなのが下にあり)
…全部美味しかったけれど、これが特に絶品!!!!!

 

鯛のポワレ

 

イベリコ豚のロースト
季節の温野菜
マスタードソース

 

カボチャのブリュレ
~カボチャチップを添えて
ミルクティー

@Le Salon de Legumes

満腹過ぎて、
13:00予約ってのもあったけれど
(食べ終わったの15:00…)、
2人して夕飯食べられませんでした(笑)

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!
The following two tabs change content below.
Ricca

Ricca

摂理に来て12年、家庭をもって4年、2歳の女児がいる新米ママです。思い通りにできなくて自分にイライラしちゃうこともある、フツーの人です。好きなものはチーズ、グレープフルーツ、固めのプリン、ビターチョコレート、御言葉。これまでの人生、器用貧乏で専門性に欠けるのが悩み。
Ricca

最新記事 by Ricca (全て見る)

関連記事

  1. 私が見た摂理

    摂理との出会い

    私は大学1年生の時に摂理に出会いました。それから月日は流れ16…

  2. 摂理について

    栄光週間

    1月1日から15日まで摂理では神様に特別に栄光を帰す週間です。お祈…

  3. 摂理について

    自分の考えを捨てる…ということ。

    よく摂理では「自分の考えを捨てなさい」と言われます。えー、それ…

  4. 私が見た摂理

    主日礼拝の価値を初めて実感

    毎週の日曜日、今では当たり前に主日礼拝を捧げに教会に足を運びます。…

  5. 摂理について

    はろりん

    3歳2か月の娘。「ハロウィン」を「はろりん」と覚えてしまったようで…

  6. 聖書・御言葉

    落胆せず感謝

    先日、あることがうまくいかなくて落ち込みました。自信がなくなり…

Twitter でフォロー

オススメ記事

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

168人の購読者に加わりましょう

  1. 摂理の結婚生活

    摂理で結婚して良かったことーその1【お祈り】
  2. 摂理の結婚生活

    摂理で結婚して良かったことーその3【私は幸せです】
  3. 摂理の結婚生活

    結婚記念日
  4. つれづれ日記

    後輩の結婚式
  5. 摂理の結婚生活

    結婚して大変だったことは?
PAGE TOP