摂理ママのあっこです

少食&偏食のあっこママの
子供たち

カレー、シチューは苦手です

具材をたくさん入れたいのに、
カレーを食べないのは
偏食っ子のママとしては痛い・・・

今日は
ハヤシライスをつくってみました

普通のハヤシライスに、
子供が食べやすいように
りんごの皮ごとすりおろしを加えました


(りんごをするちたちゃん)

さて、夕食の時間、
どうでるか・・・

ちたちゃん
「これは食べられるよ」と1杯完食!

トラ君
「ハヤシライス、おいしい!」
おかわりを2回もしました!!

子供たちが
「おいしい!」
「おかわり!」
と連発すると、母の心はパッと嬉しくなります

←偏食&少食っ子のママだけわかる嬉しさ(苦笑)

心を込めて用意したご飯を
おいしく食べるとき
作った人の真心と労力が
すべて喜びに変わります

ひるがえって、
霊のご飯=御言葉を食べるとき
作った方、神様、用意した方の
心が嬉しさでいっぱいになる程、
喜びと愛で反応しているだろうか

そういうときもあるし、
そうじゃないときもある、
ではなく、

毎食、子供たちが喜んで食べれば
母の心がとっても嬉しいように

毎回毎回の御言葉を
愛と感謝で喜びで受け取り、
御言葉をくださった神様を
喜ばせるように
御言葉を受け取らなくっちゃ、

改めて、思いました

あっこ

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 チタちゃん(11歳女子)とトラ君(7歳男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は専業主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中、仕事も探し中(笑)