小学校1年のトラ君、

週末から、なぜか流しそうめんが食べたいと主張。

 

日曜の夜、あっこママは教会のミーティングで、

チタちゃんは教会の演劇練習があって、

家に帰るのが遅くなったら、

ぱんだパパが、トラ君と一緒に

子供たちが大好きな納豆巻きを作ってくれた。

 

あっこママは、以前、納豆巻きを作ったら、

納豆が周りにくっつき、簀巻きがベトベトになったので、

作るのを嫌がっており、

やさしくて器用なぱんだパパが

作ってくれたというわけ(^^)

 

でも、納豆巻きでお腹いっぱいになり、

流しそうめんは延期になってしまった

 

 

「きっと明日の夜、パパが早く帰ってくれば食べれるよ」

 

でも、月曜の夜、ぱんだパパが帰ってきた時は

すでに夜ご飯が終わっていた(^_^;)

 

「流しそうめん食べたかったのに!!ママ大っ嫌い!」と

泣いて、なぜかママを叩いて悔しがるトラ君・・・

 

ぱんだパパがトラ君をなぐさめながら

「明日の朝、早く起きれたら、流しそうめんを食べよう」

そのセリフに、涙目をキラキラさせて

「うん、明日の朝ごはんはソウメン大会だね!」

 

火曜の朝、ぱんだパパは早起きをして、

そのまま二度寝もせずに、

カブトムシに餌をやり(あっこママがばたばたして数日放置していた)

寝ぼけているトラ君を起こして、流しそうめんの準備をしてくれた

 

ぱんだパパ、やさしいな〜。

トラ君との約束を守ろうと、

二度寝の時間 睡眠時間をけずってがんばっている

 

しばらくして覚醒した(笑)トラ君、ご機嫌で、

「これからソウメン大会を始めます。まず初めに賛美をします」

と賛美を1曲歌い、ぱんだパパに促されてお祈りをしてから、

「さあ、いよいよソウメンを流します   ♫」

 

(↓ 去年、ドンキホーテで買った家庭用の流しそうめん機、電池を入れればそうめんが回ります)

 

時刻は6時過ぎ、

いつもギリギリまで寝ている6年生のチタちゃんは

「ねむーい、なんで睡眠時間中にそうめんを食べないといけないのよ」

と言いながらも、みんなで流しそうめんを食べた

 

ぱんだパパは仕事が忙しくて、

あまり家族と一緒に家でご飯を食べることがない

 

だから、ぱんだパパと一緒のおウチご飯は

子供たちには特別な時間のようだ(^^)

 

いつもと同じ朝だけど、

いつもとちょっとちがう朝。

 

家族で何かするって楽しいな ♫

 

あっこ

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 チタちゃん(11歳女子)とトラ君(7歳男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は専業主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中、仕事も探し中(笑)