今日は久しぶりの鄭明析牧師の詩を紹介します。

「私は知らなかった」

人間が
どうやって
そんな所で
生きられるかと
言っていた
私が
今は
そんな所で
生きていく

人間が
どうやって
そのような存在に
なれるだろうかと
言っていた
私が
今は
そのような存在になって
生きていく

【詩人としての鄭明析】
1995年に月刊「文芸思潮」に登壇した後、「霊感の詩」4冊を発表。2011年に韓国100年史詩人に公式登録。2013年、各書店にて詩集ベストセラー。現在も、詩作の手綱を緩めることなく、今までに3000編あまりの膨大な詩を発表している。

【詩人としての鄭明析】
1995年に月刊「文芸思潮」に登壇した後、「霊感の詩」4冊を発表。2011年に韓国100年史詩人に公式登録。2013年、各書店にて詩集ベストセラー。現在も、詩作の手綱を緩めることなく、今までに3000編あまりの膨大な詩を発表している。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

永遠に存在する方は神様ではないでしょうか?

人の霊も永遠に存在することを知っていますか?

肉体の生は一瞬であり、霊は永遠だそうです。

このことを知っているだけでも、違うのではないでしょうか?

知っているなら、どうしたらそうなるのか?

考えるのではないでしょうか?

鄭明析牧師の御言葉を聞いてみませんか?

永遠に至る答えがそこにあります。

『<永遠に存在すること>がどれほどよいのか悟りなさい。

 <永遠に存在する人>が「主人」だ。』

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.
prov人生

prov人生

ハレルヤ! 大阪で、家族4人で暮らしています。御言葉で子育てに奮闘中! 自分だけでなく、周りもイキイキと過ごせるようにしたいです。
prov人生

最新記事 by prov人生 (全て見る)