先日、教会のみんなでいちご狩りにいってきました。

雨の中でしたが、多くの人が集まりました。

子どもたちも合わせて総勢40名(^^)/

場所はフルーツファーム果楽土(からっと)さん

かわいい名前ですね。

ダイヤモンドの重さを示す単位カラットとかけているのかな~。

 

行ってみると、おー。何もない。イチゴのビニールハウスが数個立ち並んでいるだけ。

雨も降っていたので、とりあえずイチゴを食べて帰るだけの環境ですね。

45分一本勝負。サッカーと同じ時間です!

いよいよホイッスルがなりました。

参加してた男たちと一緒にガツガツ、いちごをいただきました。

ここの目玉は、コンデンスミルク付き!!

 

◆第一ラウンド:何もつけずにひたすら食べ歩く。

うまい!うまい!という声が鳴り響いてました。

ここでおいしいイチゴ講座!!

・へたが反り返っている
・へたの緑が濃い

だそうです。

おいしいイチゴ見つけてくださいね~。確かにうまい!

知って食べるとお得感あります。

 

◆第二ラウンド:器に切り取ってベンチで食べる

ここでコンデンスミルクの登場です。

慣れた味を少し変えて食べることで第二ラウンドが可能です。

人生も慣れた味ばかりで生きると少ししか進めないし、発展が無いなぁと思います。

 

ベンチに座ってる人たちと一緒に楽しく話しながら食べることでイチゴの味も変わります。

すると、最終的に食べれましたね。

男たちは70個はいったと思います!

 

イチゴって育てるの難しいんですよね。

以前、ランナーを持って帰って植えたことがあったんですが、

ちゃんとしたイチゴを作ろうと思うと並大抵の努力ではありません。

まさにダイヤモンド!

70個のダイヤモンドをいただき、

40人のダイヤモンドと出会った『いちご狩り』でした。

おしまい。

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.
miyachan

miyachan

尾崎豊の十七歳の地図って歌、知ってるかい!この歌の「何のために生きてるのかわからなくなるよ」というフレーズ。19歳の自分にピッタリはまったよ。 なぜ、生きるかを知りたくて過ごした日々、奇跡的に摂理と出会うようになったんだ。 あれから20年、御言葉を聞き、今は結婚して二人娘のパパ。 そして仕事はフリーランスSE。鄭明析先生の御言葉でさらに大傑作人生に挑戦中だ!
miyachan

最新記事 by miyachan (全て見る)