人と接する時、重要なことってありますよね。

最近、会社の異動で数年間、離れていた業務に従事することになりました。

そこで過去に仕事上、関係した人が、今になって、また接するようになったことです。

僕自身、本当に久しぶりだったこともあり、ほとんど忘れていたので、

初見の人のように接しましたが、段々思い出してくると・・・

その人は昔と違って、役職も違いますし、部下も増えていて、変わっていました。

昔のその人を重ねて見ることは仕方がないことだとしても、

昔と同じように接するのではなく、今のその人を見て接することが大事だと感じました。

昔のように接すると、その人も立場があるので、その人にとってはマイナスですよね。

だからこそ、今のその人を見て接することが大事ですよね。

また、旧友に会う時もそうではないですか?

僕もアラフォー世代。

互いに結婚もしているだろうし子どももいるだろうし、それぞれの家庭もあるのに

いつまでも変わらない付き合いは出来ないですよね。

それぞれ、歩んできた道が違うから、変化しているのではないでしょうか?

ある人は心が荒んでしまっているかもしれません。

ある人は家族など、守るべきものができて生きている人もいるでしょうし・・・

現在を見て、接することが大事ですよね。

過去には親しくなかった人も今では気心の知れた関係になる場合もあります。

人は変わることができます。

身体などの外見だけでなく、内面もよくなりたいですよね。

それは身体的特徴だけではありません。

かんがえ、心も変化するのです。

それは神様が下さった祝福です。

他の人がそのように変化できるように自分自身も変化できるのです。

だからこそ、人と接する時、その人が今はどうなのかが大事ではないですか?

『みんな「現在」を見て接しなさい。

 過去を問わずに、現在変化して行なうとおりに貴重に接しなさい。』

 

 

 

 

 

 

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.
prov人生

prov人生

ハレルヤ! 大阪で、家族4人で暮らしています。御言葉で子育てに奮闘中! 自分だけでなく、周りもイキイキと過ごせるようにしたいです。
prov人生

最新記事 by prov人生 (全て見る)