今日は娘のクラスの話をしたいと思います。

小学5年の娘ですが、そのクラスの担任の先生の教育方針に筋が通っています。

授業中も怒るときにはしっかり怒るそうで、かなり怖いと評判です。

その怖いシーンをあまり見ていない僕は判断しかねますが。。。

 

全校生徒で大繩の大会がありました。

この縄跳びに関しても怖かったそうです。

娘のクラスだけ、毎朝早く行き練習、休み時間も縄跳びばかりやったそうです。

家に帰っても練習。

そして、本番の大縄跳び大会。

もちろん、娘はその日も早く学校に行きました。

朝の時間だったので、僕も応援にいきました。

先生も朝から気合が入っています。

見てみると練習時間から大繩を回すスピードが娘のクラスだけ違いました。

毎日コツコツやった成果でしょう。

練習の時間が終わり、いよいよ本番。

5分で何回飛べるかを競います。

クラスで3チームに分けられ、すべてのチームの合計回数がクラスの得点になります。

どのチームもしっかり飛べていました。

そして、先生の見守る目が熱いです。

こどもたちも緊張はしてると思いますが、余裕がある感じで飛んでます。

5分間全力を尽くして終了!!

そして、結果発表の時間。

優勝でした!

先生もこどもたちも大喜びです。

毎年やってるので、相場が分かりますが、過去最高だったようです。

 

それまでの経緯など娘から聞きました。

まず、先生は目標を立てさせました。

そして、その目標通りに行なえるように促す。

目標は「声をかけ合いあきらめずに飛ぼう」でした。

自分たちで立てた目標なので、行なえるはずです。

よく先生が言った言葉は、かざりの目標になっていないかということだったそうです。

そしているうちに、うまく飛べなかった子が、休み時間に自ら練習するようになりました。

結局、みんなでやるようになり、毎日やるようになり、結果は優勝!

こどもたちも次元をあげる時間になったことと思いました。

 

最後に、毎日やることの重要性を感じる御言葉を抜粋しました。

『自分のことを「弱い、できない」と言う人がいます。

どうして弱いですか? どうしてできませんか?

やらないから弱いし、できないのです。

毎日行なわない人は弱いです。毎日行なう人が強いです!

毎日行なう人が上手にできるようになります!』

 

今日も一日頑張りましょう(^^)/

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.
miyachan

miyachan

尾崎豊の十七歳の地図って歌、知ってるかい!この歌の「何のために生きてるのかわからなくなるよ」というフレーズ。19歳の自分にピッタリはまったよ。 なぜ、生きるかを知りたくて過ごした日々、奇跡的に摂理と出会うようになったんだ。 あれから20年、御言葉を聞き、今は結婚して二人娘のパパ。 そして仕事はフリーランスSE。鄭明析先生の御言葉でさらに大傑作人生に挑戦中だ!
miyachan

最新記事 by miyachan (全て見る)