コリント人への第一の手紙

2章8節に

「この世の支配者たちのうちで、この知恵を知っていた者は、ひとりもいなかった。もし知っていたなら、栄光の主を十字架につけはしなかったであろう。」

とあります。

知ることは本当に大事です。

2000年前、イエス様が十字架にかけられたことを本当に残念なことですよね。

その一方で、イエス様のおかげで、私自身、キリスト教福音宣教会(摂理)に出会えたのですから、

感謝しかありません。

今はどんな時なのか?

私たちはその事も知らないといけないのではないでしょうか?

ホテルや喫茶店でも、吉野家、なか卯やすき家でも、ファーストフードでも

モーニングを食べれる時間は決まっていますよね。

休みだからと言って、ゆっくり休んでいたら、食べるタイミングを逃してしまうのではないでしょうか?

「だれが主の思いを知って、彼を教えることができようか」

と先ほどのコリント人への第一の手紙の続きに書いてあります。

誰が、神様、聖霊さま、御子のことをわかって、

神様の時代の御言葉を教えてくださるでしょうか?

キリスト教福音宣教会(摂理)にその御言葉があります。

みなさんも御言葉をとおして、その事が正しいのかどうか?

ふれてみませんか?

<知恵>とは何か。
「神様の時代の御言葉」だ。

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.
prov人生

prov人生

ハレルヤ! 大阪で、家族4人で暮らしています。御言葉で子育てに奮闘中! 自分だけでなく、周りもイキイキと過ごせるようにしたいです。
prov人生

最新記事 by prov人生 (全て見る)