雲泥の差。

皆さんは知っていますか?

「白居易」という方の詩が語源と言われていますよね。

僕は小さい時に、故事やことわざをまんがで学ぶ本が大好きでした。

様々な逸話の中から出来たのが不思議でしたが、今考えるととても勉強になりました。

本当に学ぶことの大切ですよね。

学んでこそ、使うこともできますし、それをもって、されに良くもなりますよね。

知らないことを知っていることが大きいのではないでしょうか?

現状に満足したら、成長が無いように、ここで立ち止まったら、それで終わりですよね。

でも、前に進もうとした時にさらに前に進めるし、良くなりますよね。

そう思いませんか?

人の考えることだったら、学ぶことでわかるかもしれません。

でも、もっと高い次元にいらっしゃる神様のことはどうでしょうか?

それこそ、天と地ほどの差がありますよね。

そして、天のことをどうやって、わかるでしょうか?

自分なりの考えではどこまで行っても、たどり着くことはできませんよね。

御言葉が、聖書がそのことを理解し、悟るためのモノです。

みなさん。どんなに成長したとしても、そこまで至ることができるでしょうか?

自分ではわかりませんよね。

どうしたらいいのでしょうか?

毎日、毎時間。聞いてこそ、わかりますよね。

そのために日々、御言葉を学び、お祈りし、確認するのです。

その事によって、雲泥の差が無くなるようになるのではないでしょうか?

<肉的な考え>は肉体が死ぬ時まで考えても、

「霊的な考えの前では幼子」だ。

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.
prov人生

prov人生

ハレルヤ! 大阪で、家族4人で暮らしています。御言葉で子育てに奮闘中! 自分だけでなく、周りもイキイキと過ごせるようにしたいです。
prov人生

最新記事 by prov人生 (全て見る)