GWの長期休暇を使って一人故郷に帰ってきました。

故郷は高知県の最南端の宿毛という町です。

帰省するのに、車で6時間かかります。

飛行機で帰っても同じくらいかかるため、車がもっとも良い交通手段だと思っています。

高速道路が伸びてこれでも早く帰れるようになりました。

 

毎年、夏には家族で帰省していますが、今回は一人故郷に帰ってきました。

家族で夏に帰る時の目的は、子供たちがおじいちゃん、おばあちゃん、従姉妹たちと過ごす時間を持つこと。

今回の目的は親孝行です。

毎年1回しか帰っていなかったので、ちょっと少ないと反省してました。

ある摂理人は遠い距離ですが、毎月帰っているとか。

回数ではないと思いますが、やはり顔を見せることは大きいですよね。

 

ちょっと計算してみました。

○年に一回

○親が90歳まで生きる

→ 20回しか会えない計算になります。

さらに、自分が6時間を運転して帰れるのは何歳までかと計算すると切実に。

やはり、このタイミングで帰ろう!と突然、感動を受け、帰省することになりました。

 

幸い、うちの両親は健在で、70超えですが元気に過ごしています。

父は5年ほど前に胃がんになりましたが、全摘して他の部位に転移することなく、健康になりました。

 

今回は顔を見せて、親とお祈りできたらいいなぁと思いました。

故郷では一泊二日の短い期間でしたが、ご飯も一緒に食べ、温泉にも行き、お祈りも一緒にできました。

 

 

聖書にもこのようにあります。

『あなたの父と母とを敬え』

そして、チョンミョンソク先生も御言葉で、

「見える親によくすることができないのに、見えない神様によくできるだろうか」

とおっしゃいました。

 

親孝行したいという思いで帰省しましたが、結局はよくしてもらいました。

親は子供を愛していますね。自分が親になって、親の価値を一層わかるようになりました。

これからも頻繁に帰りながら、元気なときに親孝行したいと思います(^^)/

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.
miyachan

miyachan

尾崎豊の十七歳の地図って歌、知ってるかい!この歌の「何のために生きてるのかわからなくなるよ」というフレーズ。19歳の自分にピッタリはまったよ。 なぜ、生きるかを知りたくて過ごした日々、奇跡的に摂理と出会うようになったんだ。 あれから20年、御言葉を聞き、今は結婚して二人娘のパパ。 そして仕事はフリーランスSE。鄭明析先生の御言葉でさらに大傑作人生に挑戦中だ!
miyachan

最新記事 by miyachan (全て見る)