香川から大阪に通った遠距離恋愛秘話(*^▽^*)

パートⅢです。

船で6時間かけて通った話は書きましたが、最初の1か月は汽車で通いました。

えっ!汽車!?

そうです。四国では汽車です。「ディーゼルエンジン」なので電車ではありません!

最初は岡山まで「マリンライナー」で、岡山~大阪までは新幹線でした。

帰りは特急列車の「南風」で帰りましたね。

これだと時間的には2時間ちょっと早いですが、往復で1万円はかかってしまいますね~。

学生がこれを通うのは無理だなぁと思っていました(-_-;)

しかし、そう考えている時に「フェリー」という手段を神様がプレゼントしてくださいました。

ハレルヤ~

 

汽車で通っているときにおもしろい出来事がありました。

これも秘話です(^◇^)

大阪からの帰り道。夜遅くなり岡山から最終列車に乗るようになりました。

僕の最寄り駅は丸亀。

岡山から丸亀は40分程度。

大阪では丸二日間、寝る間も惜しんで頑張っていたので、疲れが出る時間でした。

油断しました。誘惑に負けて眠ってしまいました。(;・∀・)

乗った汽車は特急列車で南風高知行でした。

最寄り駅の丸亀駅で途中下車できず、目が覚めたらなんと!高知でした。

香川―徳島―高知と、二県を寝過ごし、最後まで行ってしまいました!

摂理列車は終点までですが、これは失敗でした。

最終だったので、香川に帰ることはできず。

神様、これはどういうことでしょうか?お金もないです。

祈りながらダメ元で駅員に頼み込んでみると、

なんとか翌日にも切符を使えるようにしてもらいました(#^^#)

人天使きた~(*^-^*)

そして、宿は駅ちかの安いカプセルホテルに泊まり、

翌朝、授業が間に合うように帰ることができましたとさ。

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.
miyachan

miyachan

尾崎豊の十七歳の地図って歌、知ってるかい!この歌の「何のために生きてるのかわからなくなるよ」というフレーズ。19歳の自分にピッタリはまったよ。 なぜ、生きるかを知りたくて過ごした日々、奇跡的に摂理と出会うようになったんだ。 あれから20年、御言葉を聞き、今は結婚して二人娘のパパ。 そして仕事はフリーランスSE。鄭明析先生の御言葉でさらに大傑作人生に挑戦中だ!
miyachan

最新記事 by miyachan (全て見る)