急ですが・・・

国語の授業ってどうなんだろう。昔から不思議に思っていたことがありました。

どうして、人によって感受性が違うのに、

有名な本や詩には模範解答みたいなものがあるのかと・・・

よくよく考えてみたら、国語では読み手の、著作者の考えが理解できているかが大事なんですよね。

どの様な心情でその詩を書いたのか?と

聖書も、イエス様の御言葉も

その心情や背景を知らないと・・・

その奥にあるメッセージを読み解くことはできないですよね。

鄭明析牧師はそのメッセージを読み解き、悟られ、私たちに伝えてくださっています。

みなさん、鄭明析牧師の詩を読んでみてください。

何を伝えようとなされているのか?

 

 

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.
prov人生

prov人生

ハレルヤ! 大阪で、家族4人で暮らしています。御言葉で子育てに奮闘中! 自分だけでなく、周りもイキイキと過ごせるようにしたいです。
prov人生

最新記事 by prov人生 (全て見る)