聞いたり見て知ることと、実際に行なって得ることは全く違いますよね。

人間は考えることができます。

でも、考えることができるがゆえに、自分自身を過信したりすることがあります。

実際にやってみて、「あれ。イメージと違うなぁ~」とか

「聞いているのと違うのではないか?」と思ったことはないでしょうか?

実際にしてみると、自分の身体が思った通りに動いたりしないですよね。

この事は自分がその事をやっている姿などをイメージした際、

自分ではできていると考えてしまったり、過小評価することでおこりうることです。

だからこそ、やってみることが本当に大事です。

学校の授業でも聞いている時はわかっているつもりでも・・・

実際に振り返ってみると、出来なかったり、覚えていなかったりします。

そんなことありませんでしたか?

神様の歴史は

行なった人の上に働かれた歴史です。

その事は歴史が証明していますよね。

歴史で習う人物は行った人であり、名を残すだけの働きをした人ではないでしょうか?

何もおこなっていない人は名前は残っていないですよね。

学んで見てください。

行なうためのノウハウはここ(キリスト教福音宣教会(摂理))にあります。

<神様の歴史>は、学ぶだけの学問の歴史ではなく、

「学んで実践する歴史」だ。

 

 

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.
prov人生

prov人生

ハレルヤ! 大阪で、家族4人で暮らしています。御言葉で子育てに奮闘中! 自分だけでなく、周りもイキイキと過ごせるようにしたいです。
prov人生

最新記事 by prov人生 (全て見る)