人と人が仲良くなるのは簡単な様で難しいですよね。

人それぞれに個性がありますし、その個性ゆえに合う合わないがありますよね。

また、互いに適度な距離が必要だとも思います。

言いたいことを何でもかんでも、オブラートに包むことなく話すことはできても、

そこから関係性が崩れることもありますよね。

逆に話さないなら自分の殻に閉じこもっていると言われかねません。

それでも、より良い関係を築くためには本当にありのままの自分を知ってもらわないといけませんし、

相手のことを、ありのままに受け入れることが必要ですよね。

自分のことを話さないで、うわべだけの言葉では相手に届かないですよね。

みなさんもそうではないですか?

親しくしたいと思っている相手が自分自身のことを話してくれないと・・・

相手のことがわからないから親しくなりづらいですよね。

神様との関係も一緒です。

神様はすべての事をご存じだとしても、他の人から話を聞くことと、本人から聞くのとではどちらが良いでしょうか?

本人が話してくれてこそ、うれしいですよね。

また、親しい人の話であってこそ、聞いてくれるのではないでしょうか?

でも、ただ単に話すのではなく、経緯・経過をすべて告げないといけないですよね。

答えだけ、聞いても何のことか?わかりません。

様々な状況を把握したうえでこそ、それにふさわしく助けてくださるのです。

 

祈りが切実で繊細で細密かそうでないかによって、

その祈りが三位に届けられて聞いてくださるか、

三位に届けられなくて聞いてくださらないかが決まる。

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.
prov人生

prov人生

ハレルヤ! 大阪で、家族4人で暮らしています。御言葉で子育てに奮闘中! 自分だけでなく、周りもイキイキと過ごせるようにしたいです。
prov人生

最新記事 by prov人生 (全て見る)