昨日は摂理のイナゴマメ学でご好評を頂いたので、同じ聖書に出てくる豆シリーズという事で、今日は「レンズマメ」についてご紹介します(^^)/
創世記25章29~34節
『ある日ヤコブが、あつものを煮ていた時、エサウは飢え疲れて野から帰ってきた。エサウはヤコブに言った、「わたしは飢え疲れた。お願いだ。赤いもの、その赤いものをわたしに食べさせてくれ」。彼が名をエドムと呼ばれたのはこのためであるヤコブは言った、「まずあなたの長子の特権をわたしに売りなさい」エサウは言った、「わたしは死にそうだ。長子の特権などわたしに何になろう」。ヤコブはまた言った、「まずわたしに誓いなさい」。彼は誓って長子の特権をヤコブに売ったそこでヤコブはパンとレンズ豆のあつものとをエサウに与えたので、彼は飲み食いして、立ち去った。このようにしてエサウは長子の特権を軽んじた。』
レンズマメ

レンズマメ(学名: Lens culinaris)は、マメ科ヒラマメ属の一年草、およびその種子。和名は、ヒラマメ(扁豆)。

光学用途で使われる「レンズ」の語源は、このレンズマメであり、当初作成された凸レンズがレンズマメの形状に似ていたことからこの名前が付いた。
高さは40cmほどで、小さな豆果の中に種子が2個できる。種子は丸くて扁平な形で、直径 4-9 mm。

西アジア原産で、コムギやオオムギ、エンドウなどと同時に栽培化されたと考えられる。
カレーやスープ、煮込み料理など、インド料理やイタリア料理、フランス料理で使用される食材のひとつ。

いやいや、海外には知らない植物が多いですね(^^;
しかも、レンズの語源がこの豆とはビックリです!
聖書を通して、様々に知識を増やして下さる主に感謝します♪
ちなみにレンズマメのあつものとは以下のものです!
美味しいらしいですよ♪

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!