聖書には毒麦の譬えの話が出てきます!
マタイによる福音書13章24~43節
『また、ほかの譬を彼らに示して言われた、「天国は、良い種を自分の畑にまいておいた人のようなものである人々が眠っている間に敵がきて、麦の中に毒麦をまいて立ち去った。芽がはえ出て実を結ぶと、同時に毒麦もあらわれてきた僕たちがきて、家の主人に言った、『ご主人様、畑におまきになったのは、良い種ではありませんでしたか。どうして毒麦がはえてきたのですか』。主人は言った、『それは敵のしわざだ』。すると僕たちが言った『では行って、それを抜き集めましょうか』。彼は言った、『いや、毒麦を集めようとして、麦も一緒に抜くかも知れない。収穫まで、両方とも育つままにしておけ。収穫の時になったら、刈る者に、まず毒麦を集めて束にして焼き、麦の方は集めて倉に入れてくれ、と言いつけよう』」。

また、ほかの譬を彼らに示して言われた、「天国は、一粒のからし種のようなものである。ある人がそれをとって畑にまくと、 それはどんな種よりも小さいが、成長すると、野菜の中でいちばん大きくなり、空の鳥がきて、その枝に宿るほどの木になる」。
またほかの譬を彼らに語られた、「天国は、パン種のようなものである。女がそれを取って三斗の粉の中に混ぜると、全体がふくらんでくる」。

イエスはこれらのことをすべて、譬で群衆に語られた。譬によらないでは何事も彼らに語られなかった。これは預言者によって言われたことが、成就するためである、

「わたしは口を開いて譬を語り、世の初めから隠されていることを語り出そう」。

それからイエスは、群衆をあとに残して家にはいられた。すると弟子たちは、みもとにきて言った、「畑の毒麦の譬を説明してください」。イエスは答えて言われた、「良い種をまく者は、人の子である。畑は世界である。良い種と言うのは御国の子たちで、毒麦は悪い者の子たちである。それをまいた敵は悪魔である。収穫とは世の終りのことで、刈る者は御使たちである。だから、毒麦が集められて火で焼かれるように、世の終りにもそのとおりになるであろう。人の子はその使たちをつかわし、つまずきとなるものと不法を行う者とを、ことごとく御国からとり集めて、炉の火に投げ入れさせるであろう。そこでは泣き叫んだり、歯がみをしたりするであろう。そのとき、義人たちは彼らの父の御国で、太陽のように輝きわたるであろう。耳のある者は聞くがよい。』
毒麦を神様の目から見た悪人、悪者に譬えた話です!
では、毒麦は実在するのでしょうか・・・?
「ある!」
「ない!」
色々な意見があります!
うちの教会の男性社会人に聞いたら意見は半々でした(;^ω^)
皆さんはどう思いますか・・・?
「ファイナルアンサー?」
正解は・・・
・・・
あるのです!!!
単子葉植物イネ科ドクムギ属
一年草植物
ヨーロッパ原産の帰化植物
ゆるい株立ちとなり,全体コムギに似てより細い。
ドクムギが牧草に混入すると家畜が中毒を起こすことがあるので毒麦という。
また、動物への毒性を持つ麦角アルカロイドも生産される。



見た目は普通の麦ですね・・・(^^;)
よく確認して見ないと、普通の麦か毒麦か分かりません(;´Д`)
主がなぜ毒麦の比喩で話されたか・・・
その深い意味と御心を悟らないとです!!!

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!