先生がこの詩を読まれたのにはどんな心情だったのだろうか・・・
深く悟りたい!!!
『どんな食べ物よりも嫌いだ

さつまいもが嫌いな人は

私のようにあの月の村でうんざりする生を

生きたのだろう

 

親と兄弟 私の家族は

今も皆嫌うだろう

お前を見るだけでも呆れて顔をしかめるだろう

山川が二回変わった二十年の間

私の家族は皆 

お前ばかり食べて暮らした

お前を見るだけで昔のことが

自然に浮かぶ

 

私はお前が嫌い

本当に嫌い

お腹が空いていた時もうんざりして放り投げた

皆は珍味だというが

いくら栗芋がうまいと言っても

私は嫌いだ

お腹がいっぱいだから嫌いなのではない

お腹が空いていても嫌いだ

しかし、さつまいものその味は

忘れられないだろう』

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!