野菊の様に咲き続ける先生の様に生きていきます♪
 

『青々とした空に雨風とは

なんという晴天の霹靂だろう

半球に出てのんびりと

空を飛んでいた鳩も

草原ではしゃぎ回る野ノロも

皆隠れてしまった

からっぽの空 からっぽの草原

そこにコノハズクの声と共に

春からもがきながら

雨風に打たれて咲いた野菊一輪

避けるところも無く

びっしょりとただ打たれて立っている

体が押し潰されそうだ

早春から晩秋まで

一度も避けられなかった

雨風 冷たい霜にも

最後まで咲いている 

花の中の花

彼は地球村の聖者なる

人花なのだ。』

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!