ここ最近本当に昼間熱いですよね(^_^;)
梅雨があっという間に終わって、夏が来るのではないかと・・・
季節もあっと言う間に過ぎていくように、早く過ぎていく月日を大切に過ごしていきたい(*^_^*)
残りわずかな春を大切に過ごしながら、2014年引き上げを大切に過ごしたい(^-^)
先生の春に対する詩を思い出します!


[鄭明析牧師の靈感の詩] 主が来た

『春が来た、春が

三千里 錦繍江山(きんしゅうこうさん)に

新しい春が来た

春も訪れ

花も咲き

主の顔も咲いた

主の手を取り

春のお出掛けだ

レンギョウも咲き

木蓮も咲き

春の花 みな咲いた

ああ、春が過ぎると

春の花 すべて散るだろうに

その時は花がなくてどうしよう

そうだ そうだ そうだとも

その時 主の顔

もっと大きく咲くだろうから

ニコニコ 主の顔を見ながら

晩春のお出掛けは

むせび泣いて待っている

哀愁に浸る遠くて遠い

南の国へ旅立つだろう』

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!