世の中では、少数の意見よりも多数の意見が尊重されます。

当然ですよね。

だれもが同じように利益や権利を得ようとしたら、多数決で決めないと不公平ですよね。

例えば、少数の意見が尊重されるのでしたら、

選挙は意味がありませんし、武力をもって、多数を支配することも可能ではないでしょうか。

しかし、神様、天の考えは違います。

これは、多数をないがしろにしているのではなく、

判断する前に神様の御心があると言うことです。

太陽が東から昇ることが当たり前ですよね。

多数が反対するからと言って。太陽が西から昇るでしょうか?

神様が創造された世界であるのならば、、、

神様が創造するにあたって、法則も創造されたことは当たり前のことですよね。

今日はその事をとおして、教えてくださいました。

誰かが「それでも地球は動いている(回っている)」と話したとありますね。

現在では地動説は当たり前のことで、それを否定する人はいないのではないですよね。

しかし、当時はどうだったのでしょうか?

実際に受けれようとしない人がいたことでしょう。

いたからこそ、そのような話が残っているのですから。

今の時代はどんな時代でしょうか?

キリスト教福音宣教会(摂理)が教えていることが間違っているのでしょうか?

神様はみんなが知っていても知らなくても、「時」になれば行われるのです。

多数の人が言っているからあっているのではなく、

少数の人が言っているからあっているのではなく、

ただ、神様の「時」なのかどうかが大事なのです。

私たちは大多数の声に耳を傾けるばかりではなく、何が正しく、何があっているのか?

その事を判断しないといけません。

みなさんも同じではないでしょうか?

大多数の人の言葉より、自分の大切な人の言葉に耳を傾け信じるのではないでしょうか?

神様は<時>になれば、

「地球世界の一人」だとしても連れて「神様の御心」を実行なさる。

 

 

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.
prov人生

prov人生

ハレルヤ! 大阪で、家族4人で暮らしています。御言葉で子育てに奮闘中! 自分だけでなく、周りもイキイキと過ごせるようにしたいです。
prov人生

最新記事 by prov人生 (全て見る)