つれづれ

国立科学博物館 特別展「宝石 – 地球がうみだすキセキ」がお勧めな 4つの理由


東京上野の国立博物館で

期間限定で開催されている

特別展「宝石 – 地球がうみだすキセキ」(URLはこちら

東京:2022年2月19日(土)から6月19日(日)

名古屋:2022年7月9日(土)から9月19日(月・祝)

今年の春休み、中3の娘チタちゃんに誘われて

宝石に全く関心がない私が

ただの付き合いのつもりで行ったけれど

今も思い出すと、わくわくするほど

もう1回行きたいと思う

とてもよい展覧会だった

宝石に関心がない

宝石初心者の私が

宝石展をお薦めする4つの理由です(^○^)

本物の宝石をたくさん見ることができる

宝石展では

本物の宝石が、ところせましと置いてある

(7月の誕生石ルビー、原石と宝石)
(8月の誕生石、ペリドット。地球の中心部、マントルの大部分はペリドットでできている)
(10月の誕生石、オパールの原石など)

宝石の原石や、加工途中のものもあるし

国宝級の宝石や

外国から借りた秘蔵の

宝石で作った装飾品の数々が

たくさん展示してある

(ダイヤモンド:原石、アンカットダイヤモンド、史上最大のダイヤモンドのレプリカ)

宝石に全く興味がなかった私が

宝石と宝石でできた装飾品の美しさと

宝石の本質を少しだけ理解したことで

宝石に関心を持つようになった

展示がわかりやすい

展示室に入ると

宝石の原石たちが目に飛び込んでくる

↓宝石の原石が生まれた場所 

代表的な宝石の原石(もちろん本物!)を

絵や説明と共に

見ることができる

また、さまざまな観点から

宝石の性質や魅力を紹介している

宝石と、その宝石に関する漫画

「七つ屋 志のぶの宝石匣(ほうせきばこ)」の

シーンが置いてあるので

その宝石が身近に感じられ、

もっとわかった気になる(笑)

珍しい宝石、化石や生物由来の宝石も置いてある

子どもも楽しめる

元々、宝石に全く関心がない

中学生女子のチタちゃんと

小学4年生男子のトラ君と一緒に行った

(大人の背より高いアメシストドームと写真撮影ができる)

中学生のチタちゃんは

地学の授業で習った地層の話や

石の性質など

科学的な面からの説明もじっくり読み

いろいろな石にも興味を持っていた

オーディオガイド(500円)が

大人用と子供用があり

子供用を借りたところ、

説明がわかりやすく、おもしろく

飽きっぽいトラ君も

説明を1つ1つ聞きながら

じっくり見ていた

子供たちが特に惹きつけられたのが

「紫外線で光る宝石(蛍光)」コーナー、

明るいときは、ただの石なのに

照明が暗転すると蛍よりも強い光で、

ぼわっと発光する多くの石たちが

あまりに幻想的で神秘的だった

全体的に、館内が暗めなので

暗いのが怖い子は楽しめないと思うが

幼稚園生っぽい子たちも、

ガラスケースにかじりついて見ている子もたくさんいた

幼稚園前の小さい子が

「ぼく、これ欲しい!」と大声で叫んで

周りの人たちが笑顔になっていた

世界的に貴重な装飾品が一堂に集まっている

撮影禁止の札の奥にある展示室は

ジュエリーコレクションからの出品

各国の王族がつけた装飾品や

歴史上の人物が愛用した装飾品もあり

世界的にも貴重な装飾品の数々を

すぐ間近で(ガラスケース越し)

見ることができる

複数の宝石で作られた装飾品や

多くのダイヤモンドが作り出す輝きに

ただため息が出て、感嘆した

(撮影可能エリアにあった装飾品たちのほんの一部)

宝石は、地球からのプレゼント??

展示の中に

「宝石は、地球からのプレゼント」

というセリフが書いてあったような記憶がある

(時間が経って、記憶が曖昧(^_^;))

宝石は、

第一段階として、地球内部で作られ

その温度や環境によって

それぞれの色、硬さ、性質をもった

宝石の原石が生成される

第二段階として、

人の手によって、

原石を掘り出し(採掘)

研磨、加工などの工程を経て

宝石への生まれ変わる

そして、第三段階として

さまざまな宝石を組み合わせて

装飾品を作り、

美しい人間を、さらに美しく飾る

第一段階は、神様が

第一次の創造として

宇宙、天地万物を創造し

地球を創造し

その地球の中の科学的な作用により

宝石の原石を創造した

そして

神様が創造されたものをもって

第二段階、第三段階と

人間が第二次的に創造する

御言葉で天国の美しさを

宝石で例えることがある

「ダイヤモンドのような」

「ルビーやサファイア、エメラルドのような」

宝石に関心がなく

宝石が自分とは関係がないものだった私は

「ふーん」と遠く感じていたが、

宝石展を見て

地上の宝石も天国の宝石も

神様が人間にくださったものだと

実感して、感動した

美しい宝石を

そして、宝石のように美しい宇宙、地球を

創造してくださった神様に

改めて感謝する

天地万物と地球世界を美しく創造してくださり、

毎日あなたを愛して助ける神様と聖霊様と御子に

毎日感謝し 愛し 栄光を帰して生きなさい。

(2022年6月の御言葉より)

私は、声を大にして言いたい

「宝石は、地球からのプレゼントではない。

まして、誰か人からもらうプレゼントでもない。

宝石は、神様から人間へのプレゼントだ!

そして、神様と人間との共同作品だ!」と

p.s.

宝石に魅了されたけれど

本物には手が出ない私

子供のころ

切手集めが趣味だった私は

郵便局で宝石の切手を見つけ

衝動買いしちゃいましたとさ(笑)


ABOUT ME
あっこママ
早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 高校生のチタちゃん(女子)と小学校高学年のトラ君(男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときに摂理に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は在宅ワーカーとして自分を作り中。 趣味は食べること、ウォーキング、旅行、動物園・水族館に行くこと、悩みは偏食&少食の子供たち、彼らが食べる簡単おいしいご飯を探求中!