娘(3歳)は好き嫌いがありません。
しかも3歳児にしては
渋いものが好きだったりします。

たくあんとか
もずくとか
酢味噌とか
…。

思い起こせば生まれたときから
「娘ちゃんはおっぱいを飲むのが上手ね」
と助産師さんに褒められてたっけ。
2,430gと小さめで生まれたのに、
まぁ飲むわ飲むわ。

そして、離乳食を開始したときこそ
あまり食べなかったのに、
近所で売ってた黄金色で
トロトロだった焼き芋を食べたのをきっかけに
なんでもガツガツ食べる子に…。

今でも「食べっぷりいいねぇ」って
よく言われます。。。

去年こそ
スイカとかメロンとか大根とかきゅうりとか
いろいろ好き嫌いがあったはずなのに、
今年は「おいしいねぇ」となんでも食べてます。
嫌いな物をどんどん克服。

唯一何をしても食べなかったアボカド。

大きくなったら味がわかるよねと思ってました。
ママはアボカドが大好き。
独り占めできるし、なんの問題もありません。

し・か・し!
昨日私がアボカドを切ってると、
「私も食べる~」?!
どうせ食べないだろうとあげてみたら
「おいしいねぇ」?!

ママの独り占め期間は終了したのでした…orz

なんでこんなに好き嫌いがないんだろう?
さすがにここまで好き嫌いがないのも
周りの中では珍しいような…

と考えてみると、

ママもパパも娘が生まれる前から
祈っていたことの一つに

「好き嫌いなく何でも食べる子になりますように」

なんとパパ、
「今まで食べられないものに出合ったことがない」
という天下無敵の好き嫌いなし人間。。。
(味がわからないんじゃないの疑惑…笑)
途中、中国留学とか挟んでましたけど。

そんなパパは娘がいたお腹に向かって
「パパ、好き嫌いだけは許さないぞ~」なんて
話しかけてましたっけ。

折しも今週は祈りの週。

何かの目的を成就するために、
持続的に、根気強く、長い間
<祈ら>なければなりません。

2016年8月28日 鄭明析牧師の主日の御言葉
『祈りは仕事だ』より

娘の妊娠がわかって生まれるまで
妊娠第6週くらいから37週1日目まで…
そこまで長期というわけではないけれど、
祈った祈りが聞き届けられたんだな、と
思います^^

これからも
神様が下さった地上のおいしい食べ物を
おいしいと受け取って食べる子になって
大きく丈夫に成長していってくれますように。

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

Ricca

摂理に来て12年、家庭をもって4年、2歳の女児がいる新米ママです。思い通りにできなくて自分にイライラしちゃうこともある、フツーの人です。好きなものはチーズ、グレープフルーツ、固めのプリン、ビターチョコレート、御言葉。これまでの人生、器用貧乏で専門性に欠けるのが悩み。

最新記事 by Ricca (全て見る)