今日、実家から荷物が届きました。
母が送ってくれるものといえば、
日用品が中心で…
こちらでも手に入るものも
たくさん入っています。

少なくとも1カ月に1回は送られてくるので、
その購入費と送料を節約して
それよりは横浜に足を運んで欲しいと
お願いしたこともあるほど。

でも親の愛って
そういうのは関係ないみたいですね。
交通費は交通費、
プレゼント代はプレゼント代、みたいな。

親ももちろん私を愛して送ってくれていると思いますが
(最近よりは私(娘)よりも孫のためかも…笑)、
それだけじゃなかったんですね。
摂理に来て変わったことの一つに、
こういうときに親だけではなく神様にも
感謝できるようになったことがあります。

もちろん実際に送ってくれたのは親ですが、
私の好きなものを取りそろえるように
神様が親にまで働きかけてくださっている
ということを摂理で教えてもらいました。

荷物一つに、親だけでなく、
神様からの愛がいっぱい詰まっている。

そうとわかると、
荷物一つが荷物一つの価値じゃなくなります。
本当に嬉しくなります。

20151003-55_Ja

<三位一体がくださったもの>を忘れずに、

いつも経緯を話し、感謝し、愛して生きなさい。

そうしてこそ、もっと輝くようにしてくださる。

—―――鄭明析牧師の明け方の御言葉より

この御言葉の通り、
忘れず、感謝し、愛してみると、
その経緯が、そのものがもっと輝くことがわかります。

そして輝きが増すと嬉しさも増すこと。
心にたくさんの聖霊の感動が満ちること。
一度体験しちゃうとやみつきです。

神様、今日もありがとうございます。

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

Ricca

摂理に来て12年、家庭をもって4年、2歳の女児がいる新米ママです。思い通りにできなくて自分にイライラしちゃうこともある、フツーの人です。好きなものはチーズ、グレープフルーツ、固めのプリン、ビターチョコレート、御言葉。これまでの人生、器用貧乏で専門性に欠けるのが悩み。

最新記事 by Ricca (全て見る)