缶けりって、遊びをしたことがありますか?

缶けりは難しいですよね。

皆さんも鬼をしていたらわかるのではないですか?

缶を蹴られないように守りながら、全員を見つけないといけない。

見つける過程であと一人だったとしても、缶を蹴られると振り出しに戻します。

ある意味、一瞬の判断が明暗を分けますし、視野の広さが大切です。

あの瞬間、気付きさえしたら・・・

と紙一重の差で残念な結果に成します。

見つからないように逃げる人も、死角に入るようにしながらうごきますよね。

視界のすみにいたとしても、言われないと見逃してしまうこともあります。

ある意味、聖書を知ることも一緒です。

ちょっとしたこと、人によって、着眼点や見てきたもの、生い立ちに違いがあり、

わかるポイントが違ったりします。

どうして、聖書、御言葉を学ぶことが大切なのかも・・・

どれだけ、自分の身近に考えられるかにかかっています。

ちょっとした、視界のすみに入ったのなら、そのちょっとしたところから、

普段考えていて、わからなかったことが思いがけず、わかる場合もあります。

皆さんも聖書にふれたり、

讃美をとおして、少しでも感じたりすることがあるのでしたら、学んで見てください。

皆さんの人生にプラスになっても、マイナスになることはありません。

紙一重(ひとえ)の差だが分からないように、

<比喩>も分かってみたら「紙一重の差」だが、分からない。

 

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.
prov人生

prov人生

ハレルヤ! 大阪で、家族4人で暮らしています。御言葉で子育てに奮闘中! 自分だけでなく、周りもイキイキと過ごせるようにしたいです。
prov人生

最新記事 by prov人生 (全て見る)