[鄭明析牧師による主日の御言葉から]

『神様が選んだから貴重だ』

[御言葉] 鄭明析牧師

[本 文] ○テサロニケ人への第二の手紙2章13節
『主に愛されている兄弟たちよ。
わたしたちはいつもあなたがたのことを、神に感謝せずにはおられない。
それは、神があなたがたを初めから選んで、御霊によるきよめと、
真理に対する信仰とによって、救を得させようとし、』

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
人間は「自分の知能、自分の考えの次元」どおりに見ます。

旧約の律法の中にいたユダヤの宗教人たちは<自分の考えの次元>で「メシヤ、イエス様」を見ました。
だから正しく見ることはできずに、異端、反キリスト、罪人として接しました。

それでイエス様は「<家造りらが捨てた石>が<隅のかしら石>になった」と言いました。

<律法の中にいるユダヤ宗教の専門家たち>を「家造りら」に譬え、<隅のかしら石>は「イエス様」を譬えておっしゃったのです。

このように、<専門家>も見ることができません。
彼らは「律法の専門家」だったのに神様が遣わした「メシヤ」を分からず、不信しました。

<神様が遣わした人>は「神様の次元」で見てはじめて正しく分かります。
神様に願い求めてはじめて、「人間の次元の上のもの」を得るようになります。

一日、一か月、一年を生きる中でも、人生を生きる中でも、信仰の生を生きる中でも、毎日何を考えて行なうべきか、「選択」を上手にしなければなりません。
そうしてこそ、後悔せず、「作品の人生」を生きるようになります。

毎日神様に祈って願い求めることで、ただ「神様の次元」で考え、行なう皆さんになることを祝福します。

--------------------

「選択」をあやまると・・・本当に大変です。

人と接する時もそうではないでしょうか?

その人の本当の意図に気づかないなら、いい関係性を築くことは難しいですよね?

僕も仕事で様々な状況の人に接します。

その中で大事なことはその人の本当の目的が何かを知ることです。

目的がわかってこそ、相手の意向に沿った対応となり、相手も満足しますよね。

もし、意向に沿っていないなら、、、

もっと、ややこしい方向に流れてしまいますよね。

人間関係がそうであるならば・・・

神様との関係もそうではないでしょうか?

神様がどのようなことを考えていらっしゃるのか?

その目的等をわからないからこそ、わかっている人に教えてもらうことが大事です。

そうしてこそ、神様とより良い関係を築いて行けるのではないでしょうか?

皆さん、周りの人たちと関係性を築くことも重要です。

でも、それ以上に神様との関係性を築くことは重要です。

どうしてなのか?

結局はその意味も学んでこそ、みなさん自身が理解できるかと思います。

 

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.
prov人生

prov人生

ハレルヤ! 大阪で、家族4人で暮らしています。御言葉で子育てに奮闘中! 自分だけでなく、周りもイキイキと過ごせるようにしたいです。
prov人生

最新記事 by prov人生 (全て見る)