4月になり、暖かい日が続いていますね。

 

3月中旬、すっかり春の陽気になり、

ぐんぐんと気温が上がった雨の日、

ヒキガエルを探しながら(もちろん踏まないように)

お出かけしましたが、

かなり大きいのが数匹いて、

子供たちと悲鳴をあげながら逃げ走りました(^^;

 

そのあとは、晴れた日は暖かいですが、

雨の日は冷たい雨が降るので、

ヒキガエルをお見かけしておりません(笑)

 

 

2ヶ月ほど前、まだまだ寒い2月初旬、

子供たちと一緒に

水曜の子供礼拝から帰ってくる途中、

大雨の中で、子供たちが叫びました

 

「ぎゃー、ママァ。ここにゲロちゃんがぁ」

 

え?

ゲロちゃん?

なんのこと?

 

子供たちが指さした方を見ると

大雨の暗闇の中、

とっても大きなヒキガエルがいました

 

トラ君が言うには、

昼間も土のところに

ヒキガエルがいたそうです

 

ヒキガエルって、冬は冬眠してるんじゃなかったっけ?

 

調べたところ、

ヒキガエルは気温が10度を切ると冬眠します。

大体11月から3、4月までが冬眠の時期です。

 

種類にもよりますが、

林や草むらなどの土を掘って穴の中で冬眠します。

 

地面の浅いところにいるため、

温度が10度を超えると

春が来たと勘違いして出てくることもあるけれど、

寒くてほとんど動けないため、

見つけることは簡単ではないそうです

 

たしかに、その頃、数日間あたたかくて

10度を超える日もあったけれど、

 

2回もヒキガエルを見るなんて、

これは万物啓示にちがいない!

 

 

さて、摂理でヒキガエル、といえば、

特別な動物です(^^)

 

韓国の月明洞(ウォルミョンドン)には

「ヒキガエル岩」があります

 

形がヒキガエルに似ており、

目、鼻、口、背中などがカエルの形に似ています

 

形象石(何かの形を現した石)を見分けるのが

あまり得意ではないという、ある牧師さんも

「あれは、ガマガエル(※)だ」とおっしゃったほど、

ヒキガエルに似た形をしています

 

(※)

江戸時代の蝦蟇(がま)の油で有名なガマガエルは、

ヒキガエルの別称、

ヒキガエルとガマガエルは同じです

 

 

ヒキガエルは「王」を象徴しており、

また「祝福」を象徴しています

 

季節外れのヒキガエルの出現、

神様はこれを通して何を語られたかったのでしょうか

 

あっこ

 

 

 

 

 

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 チタちゃん(11歳女子)とトラ君(7歳男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は専業主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中、仕事も探し中(笑)