iPod touch(以下、iPod)が沈められました…
娘によって、トイレにorz

普段からこれはママのものだと言い聞かせ、
触らないようにさせているiPod。
それでも好奇心から触っちゃうときはありますが、
一応ママ同席中ではありました。

娘はロックは外せないので、
触るといっても音楽か写真、
そしてアラーム(の音を楽しむ)くらいです。

ところが今夜、ママが皿洗いをしている最中、
何やらiPodから音楽が…。
そして、トイレを開けている様子。

あ、iPod触っているかも、
後で言わなきゃな、水没したら大変。

と思った矢先、
娘が緊張した面持ちで隣に来て
「ママ、あいぽん(iPodやiPhoneの総称)、
どっか行っちゃった」

 

もしや。

 

トイレを開けてみるも、見当たらず。
まさかと便器開けたらありましたよ、

 

水没しているiPodがぁぁぁぁぁ!orz

 

ママ、思わず絶句。

ママの雰囲気で察したのでしょう、
娘「ごめんなさい」と言いながら号泣。
今まで娘がトイレで遊ぶことはあっても、
iPodをトイレに持ち込んだことなんてなかったのに…

今思えば、
「水没したら大変」とふと思ったのは、
聖霊様の感動でした。

聖霊様は感動の神様。
いろいろなことを察することができるように
働き掛けてくださる女性神です。
その察するようにさせる働きを「感動が来る」といいます。
その感動はあまりにそっと来るので、
聖霊様からの知らせだと気づけるかどうかがキーとなりますが、
今回私は気づけませんでした…。

 

さて、iPod(iPhone)が水没したときの対処法は、

1.電源を切る
2.カバーを外す
3.水分をふき取る
(イヤホンジャックや充電コードの差込口は
ティッシュをこよりにして水分をとる)
4.本体をティッシュで包む
5.乾燥剤を入れた密閉バッグに入れる
6.2~5日ほど置く(日数は諸説あり)
7.電源を入れ、異常なければ大丈夫
→ダメなら修理へ
※ドライヤーはNG(高温になって故障してしまう場合がある)

だそうです。
とっさに思い出せない私みたいなタイプの人は

1.まずパソコンを開き、
2.「iPhone 水没」で検索する

ことをオススメします^^;

 

ちなみに今回の救いは、
併用している旧いiPodだったことでしょうか。。。(TT)

我が家のiPodはママのスマホとして使っています。
新機種に買い替えを機に、
新しいものはメインとしてSNS等連絡ツールとして、
旧いものは例えば料理レシピを2つ同時に見たいときや
賛美など音楽を流していたいときなど
家で使う用にしていました…。

さて、今、娘はパパからの優しいフォローを受けています(苦笑)
ママがショックを受けているため…というか、叱ったため。
ショックを受けながらも
「ブログのネタになるかも」と考えてるあたり、
ブロガー病(?)ですね。

数日後にiPodがどうなっているか、
ドキドキしながら待ちたいと思います。

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.
アバター

Ricca

摂理に来て12年、家庭をもって4年、2歳の女児がいる新米ママです。思い通りにできなくて自分にイライラしちゃうこともある、フツーの人です。好きなものはチーズ、グレープフルーツ、固めのプリン、ビターチョコレート、御言葉。これまでの人生、器用貧乏で専門性に欠けるのが悩み。
アバター

最新記事 by Ricca (全て見る)