パパは器用な人だと思います。
そして、工作が大好き。
一旦スイッチが入ると止まりません。

先日の帰省時、娘のままごとセットの鍋ややかんなどを
娘には知らせずに100均で買いそろえました。
それを戻ってきてから渡したのですが…

娘、大喜び!!!!!

あまりに喜んで使うので、
「そんなに嬉しかった?
じゃあ買ってくれたパパにもお礼を言ったらいいね」と言うと、
日中にかかってきたパパからの電話にも
パパが家に帰ってきてからも
「パパ、ありがとーーーーー!」
「パパ、これ、買ってくれてありがとーーーーー!」と
文字通り何度も叫んでました(笑)

そんな娘の喜ぶ姿を見て、
パパも心底嬉しかったみたいで、
仕事で疲れた体に鞭打って、段ボールを取り出して
作ったのがトップ画像にもある娘専用キッチン。

下の部分は電子レンジになったそうです。
(最初は魚焼きグリルだったはずが、いつのまに…)

もうちょっと工夫したら
「ダイヤル回して火がつくようにする」
くらいまではできそうですが、
パパが止まらなくなりそうなのでここで終了^^;

 

たぶん娘があそこまで何度も喜びを表現しなかったら、
パパがすぐに「キッチンを作ろう!」とまでは
ならなかったと思います。

神様との関係もそうなんですね。
純粋に相手を喜ばせたいところから始まって行動して、
相手がその喜びを受け取った嬉しさから
さらに喜ばせたくなって行動する。
そうやって喜びを連鎖させていくんですね。

喜びを何度も表現していた娘の姿は大変愛らしく(親バカ)、
ついつい「そこまで言われたら、何かやらないわけには…」
という気持ちになっちゃいます^^;
娘の姿から、このように神様にも主にも
素直にたくさん喜びを表現する大切さを教えてもらいました。

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.
アバター

Ricca

摂理に来て12年、家庭をもって4年、2歳の女児がいる新米ママです。思い通りにできなくて自分にイライラしちゃうこともある、フツーの人です。好きなものはチーズ、グレープフルーツ、固めのプリン、ビターチョコレート、御言葉。これまでの人生、器用貧乏で専門性に欠けるのが悩み。
アバター

最新記事 by Ricca (全て見る)