私は小学校6年生まで
箸の持ち方がおかしかったのです。
でも特に不自由してなかったし、
恥ずかしいとも思わず、
直す気もなかったのです。

が。

中学1年生のときに転機が起きました。

当時、入学したてだった私たちは
担任の計らい(?)で
班ごとにお弁当を食べていました。
男女3人ずつくらいの班でした。

そのときにたまたま
箸の持ち方の話になったのです。
とある男子が

「Ricca、お前箸の持ち方おかしいぞ!」

衝撃的な一言。
今も覚えてるから、
当時相当ショックだったのでしょう(笑)

「えっ?」と周りを見渡すと、
なぜかなぜかその班は
私以外の5人の箸の持ち方は
皆きれいな正しい持ち方をしていたのです!

 

恥ずかしい!!!!!

 

それから自分で猛特訓。
1カ月かかって、
正しい箸の持ち方に直しました。

あの一言がなければ、
班の中で他に間違った持ち方をした人が
一人でもいたならば、
今も変な持ち方をしていたことでしょう。
神様の教育に感謝です。

 

そんな私でしたから、
子どもにはぜひとも
正しい箸の持ち方を覚えてほしいのです。

でも、まだ指も短いし、
2歳では指示もよく理解できないだろうし、
まずは箸に興味があればいっか
と思っていたのですが………

一度も教えてないのに
娘の箸の持ち方は写真の通りですorz

ママ、その持ち方ができなくて
本当に苦労したんですけど。
恥ずかしい思いもしたんですけど。
羨ましいです。

キレイな箸の持ち方というのは、
一番使いやすい使い方ですが、
ひょっとして一番自然な
持ち方なのかもしれませんね。

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.
アバター

Ricca

摂理に来て12年、家庭をもって4年、2歳の女児がいる新米ママです。思い通りにできなくて自分にイライラしちゃうこともある、フツーの人です。好きなものはチーズ、グレープフルーツ、固めのプリン、ビターチョコレート、御言葉。これまでの人生、器用貧乏で専門性に欠けるのが悩み。
アバター

最新記事 by Ricca (全て見る)