聖書を読むと

イエス様の時代、イエス様に会えた人はどんなに幸せだっただろうかと

思います。

もし、キリスト教、クリスチャンだったら、そう思うのではないでしょうか?

誰しも自分を救ってくれる人に会いたいと思います。

しかし、聖書では

イエス様を待っていたにもかかわらず、迎えられなかった人がいますよね。

もし、迎えられたと言うのでしたら、

ユダヤ教とキリスト教に分かれることはなかったのではないでしょうか。

今の時代はどうなのでしょうか?

聖書を学び、同じミスをしないようにしないといけないでしょうし、

御言葉、聖霊さまをとおして現れる主を

感じるのならば、見たことではないでしょうか?

皆さん。

何が正しくて、何が間違っているのか?

ハッキリと理解しないといけないですよね。

<御言葉と聖霊で現れた主を見たこと>が

どれほど大きなことなのか悟りなさい。

 

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.
prov人生

prov人生

ハレルヤ! 大阪で、家族4人で暮らしています。御言葉で子育てに奮闘中! 自分だけでなく、周りもイキイキと過ごせるようにしたいです。
prov人生

最新記事 by prov人生 (全て見る)