[鄭明析牧師による主日の御言葉から]

『順序が変われば、やっても駄目だ』

 

[御言葉] 鄭明析牧師

[本 文] コリント人への第一の手紙14章40節

しかし、すべてのことを適宜に、かつ秩序を正して行うがよい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<順序どおりにすること>が「秩序」だから、順序どおりに行なってこそ行なうようになります。

<生の順序>があるが、これはちょうど「数学の公式」と同じです。

順序を変えて計算したら、一生「答え」が出ません。

 

人生の生もそうです。

 

<自然万物>も<季節>も、順序どおりに来て、去り、<流れる水>も先に湧き出た水が先に流れていきます。

 

<木>も順序どおりに葉が生え、花が咲き、実がなり、人の<一日の生活>も順序どおりです。

 

聖三位がある時は働きかけ、ある時は働きかけない原因は、人間が順序を変えて接して、時が合わないからです。

 

<神様>は絶対に「順序」どおりに「秩序」どおりに行なわれます。

 

木の剪定を先にして堆肥をやったら、木が堆肥を吸い上げる時期が過ぎて、その年は堆肥を吸い上げられず、大きくなれません。

 

まず早春にぶどうの木に堆肥をやるように堆肥をやり、その次に剪定をすれば、木がちゃんと伸びます。

 

<木>も順序どおりに管理してこそちゃんと大きくなるように、<人生の生>もそうだから、毎日「生の順序」を変えずに、<その時その時適切に三位がくださる順序とおり>に行なう皆さんになることを祈ります。

--------------------

順番が大切なことって、ありますよね。

今日はそことについて、紹介してくださった主日の御言葉をを紹介します!

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.
prov人生

prov人生

ハレルヤ! 大阪で、家族4人で暮らしています。御言葉で子育てに奮闘中! 自分だけでなく、周りもイキイキと過ごせるようにしたいです。
prov人生

最新記事 by prov人生 (全て見る)