つれづれ日記

帝王切開に至った原因


帝王切開での出産。
私は宣告されてから
手術までわずか2日でした^^;
気持ち的には緊急帝王切開です、
それまで普通分娩だと信じて疑わず、
帝王切開術のことを調べたこともなく
…という状態だったので^^;

でも、今思うと、
この日数の少なさが
怖がりの私にとっては
「なんだかよくわからないうちに
終わってしまった」
ってことで
逆によかったかもしれないと思っています。

 

さて、どうして私が
帝王切開術を受けることになったかというと。

1.胎盤機能不全
2.妊娠高血圧腎症

の2点です。

 

1.胎盤機能不全

胎盤とは母体から胎児へ
酸素や栄養を運ぶ役割をしていますが、
胎盤機能不全症候群とは、
この酸素や栄養を運ぶ胎盤の機能が低下してしまい
胎児に十分や酸素や栄養が
行かなくなってしまう状態のことをいいます。
酸素や栄養が十分に行かなくなってしまうと、
胎児は発育が悪くなったり
仮死状態になってしまう場合があります。

(出典:Doctors me

 

私が里帰りをしたのが31週。
それまでは比較的順調でした。
(糖で引っかかったり、
つわりで寝たきりだったりはありましたけど)

ところがここから
妊娠後期であるにも関わらず、
一向に体重が増えなくなったんです。
…ていうか、最終的には微量ながら減る始末^^;

お腹の赤ちゃんは育っているのか…
と不安になりましたが、
エコー等では異常なしでした。

しかし当日、胎盤機能不全の原因が
羊水が少なかったことにあったことが
わかりました。
通常300~500CCある羊水が
私の場合は100CCしかなかったそうです。
それで
臍帯を圧迫→胎児に栄養いかず→体重増えず
ということになったそうです。

 

2.妊娠高血圧腎症

妊娠高血圧症候群の中でも
妊娠20週以降にはじめて発症し、
高血圧に蛋白尿をともなうものを妊娠高血圧腎症、
高血圧のみのものを妊娠高血圧症と呼びます。

妊娠高血圧症候群を発症すると
母体への影響はもちろんのこと、
胎児発育にも影響を与え、
子宮内胎児発育遅延を引き起こすことがあり、
厳重な管理が必要となります。

一旦発症し重症化した場合には治療は難しく、
分娩させることしか方法がありません
(分娩するとほとんどは改善します)

一般に初産婦、高齢妊娠、
体重増加過多の妊婦に多いといわれますが、
自覚症状はほとんどなく、
健診での血圧測定や尿検査で
指摘されることがほとんどです。

また診断基準からは外れたものの
浮腫も大事な臨床症状であるため、
むくみが急激に悪化したり、
手やまぶたなど全身にみられる場合には
早めに受診してください。

(出典:http://www.naramed-u.ac.jp/~gyne/menu60-28.htmlより一部抜粋)

 

こっちは地味にツラかったですね。
実家で母が減塩醤油を買ったり
足湯をしたり、
いろいろ対策はしてみたものの
全くむくみは消えず。

しまいにはなんか視界が
キラキラというかチカチカというか…
なんか星が飛んでるなーみたいな症状が
昼間にちょこちょこ出ていました。

両方とも妊娠高血圧腎症の症状だったみたいです。

妊娠して一番負担がかかるのが、
母体の腎臓だそうです。
手術当日の朝は尿蛋白の数値が5!
母子手帳には3までしか欄がないので、
看護師さんがぐりぐり書き足していました(笑)

 

それで、36週末に健診を受けた際、
「急な話でびっくりすると思いますが」と
帝王切開を宣告(笑)されました。

母体にとっても
胎児にとっても
すぐに出した方がいいとの
主治医の判断でした。

 

まさに青天の霹靂

 

そのときはちょうどお盆前で、
里帰りの荷物を運ぶのに
一緒に帰省していた夫と
「じゃあこの次は出産のときに会おうね」
って予定で受診した健診でのことでした^^;

2人して顔は冷静でしたけど、
心の中は冷静じゃなかったようです。
説明を受けてから帰るとき、
ちょうどお昼時だったのですが、
2人ともランチを食べる場所すら決められないほど
動揺していたのを覚えてます。

健診は土曜日、
手術は月曜日。

この間で覚えてるのは、
教会の人たちに帝王切開術になったことを伝え、
月曜日に久々に会う予定だった友人たちに
キャンセルを伝えたくらいで、
あまり記憶がありません。

あ、あと手術の準備
(手術着の準備や足りないものを買いに行く)

先述のとおり怖がりなものですから、
下手に手術について調べなくてよかったなと思います^^;

 

この次は当日のことを書こうと思います。

この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!
The following two tabs change content below.
Ricca

Ricca

摂理に来て12年、家庭をもって4年、2歳の女児がいる新米ママです。思い通りにできなくて自分にイライラしちゃうこともある、フツーの人です。好きなものはチーズ、グレープフルーツ、固めのプリン、ビターチョコレート、御言葉。これまでの人生、器用貧乏で専門性に欠けるのが悩み。
Ricca

最新記事 by Ricca (全て見る)

関連記事

  1. つれづれ日記

    今日は子供たちに御言葉(^^)

    摂理のtakeです!今日は久しぶりに子供たちに御言葉を教える機会をいた…

  2. つれづれ日記

    息子とおじいちゃん

    息子はおじいちゃん(妻のお父さん)が大好きです。先日も「おじい…

  3. つれづれ日記

    「やろうとする気持ち」これ結構重要ですよね。

    おはようございます。何事も「やろうとする気持ち」がある…

  4. つれづれ日記

    道端の花

    今日は、ちょっとはやく家を出て娘みいと一緒に手を繋いで駅まで行…

  5. つれづれ日記

    子供を怒ってしまった日

    摂理ママのあっこです昨日、チタちゃんが小学校に行っている間…

  6. つれづれ日記

    家族deあったかスリッパ

    様々に冬を感じる日々。ずっと欲しかったあったかスリッパ。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Twitter でフォロー

オススメ記事

アーカイブ

  1. 摂理の結婚生活

    結婚って何?
  2. 摂理の結婚生活

    摂理で結婚 〜あっこママの体験談
  3. 摂理の結婚生活

    結婚のお祝い
  4. 摂理の結婚生活

    摂理で結婚-幸せな家庭生活を目指して-
  5. つれづれ日記

    後輩の結婚式
PAGE TOP