つれづれ日記

カマキリとの出会い・神様との出会い


今日は、40年生きてきて初めて、カマキリと衝撃的な出会いをしました。

田舎育ちなので、毎年カマキリは見かけていましたが、

触ったことはありませんでした。

 

 

暖かい日差しの下で、会社の同僚と外にいた時のこと・・・・

右腕にカマキリが飛んできました。(長袖を着ていたので服の上でした。)

一瞬ビックリしましたが、優しく払い落としました。

 

そして、なにやら地面にいるカマキリがとっても気になりましたが、

カマキリに背を向けて、同僚と話し続けました。

その五分後・・・指先に何かが飛んできてとまりました。

びっくりしましたが、指先からさらりと落ちたものは『カマキリ』でした。

なぜか、普段のような『カマキリ』に対する恐怖心はありませんでした。

むしろ、優しい気持ちが湧いてきました。

 

カマキリに触れたのは初めてでした。

それも短時間に2回も自分の元に飛んできたのです。

今日は、一日神様にお祈りをしていました。

何か神様が言いたいことがあれば教えて下さい。と。

 

一日中このことが、気になりましたが。

よく分かりませんでした。

今日学校から帰ってきて、娘が出したプリントがなんと・・・

『カマキリについて』

というプリントでした。

今日は、学校でカマキリについて観察してきたそうです。

 

これは、確実に神様からのメッセージだと思い、プリントを読みました。

その中で、注目したのが・・・

カマキリは共食いする。メスがオスを食べる。などの部分でした。

最近、平和についていつも考えていました。

大きな平和から、家庭の中の平和、自分自身の中の平和。

これを実践したいと思っていたところだったのです。

 

カマキリを通して、『共食いしないで、平和をなそう』と神様から言われた気がしました。

もちろん、文字通り共食いなんかしてないですけど、

心のなかで、葛藤することは数々ありました。

真の平和をなせるよう、より完全な神様から見た平和を成したいと決心することができました。

 

 

小さな一歩から変化して、平和を成すことができますように。

今日の一言を摂理の一行メンターからご紹介します。

 

摂理一行メンターその9

愛は関心から出発する。

関心をもって、相手が願うことを行なってあげるのだ。

関心を失ったら愛を失う。

(鄭明析牧師の明け方の御言葉より)

 

 

 

平和を成すために、まずは関心を持つことから始めたいと思います。

一つ一つの民族、家庭、個人一人ひとり真の平和が成されますように。

 

 

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!
The following two tabs change content below.
ひろこママ

ひろこママ

新潟(佐渡ヶ島)の田舎育ちの【ひろこママ】 海の近くでのびのび育ったのっぽの【ごうパパ】 元気いっぱい小学3年生の【みいちゃん】 キリスト教福音宣教会に通う3人家族が送る日常を記録!!
ひろこママ

最新記事 by ひろこママ (全て見る)

関連記事

  1. つれづれ日記

    雨上がりの街 〜神様の深い愛

    摂理ママのあっこです激しい雨が降った昨夜、昨日まで汚れ…

  2. つれづれ日記

    沖縄、慰霊の日

    私が卒業した中学・高校は、修学旅行がなく、平和学習といって戦争を…

  3. つれづれ日記

    幼稚園麦わら帽子をリメイク!

    暑くなってきて、日差しが強い日もちらほら。娘みいが、幼稚園の時…

  4. つれづれ日記

    サイエンス教室に参加、待ち時間はジョナサンで

    先日、小6のチタちゃんは摂理の子供たち向けの夏休みサイ…

  5. つれづれ日記

    レンコンと人参のきんぴら

    摂理ママのあっこですレンコンとごぼうと人参のきんぴらを作りました…

  6. つれづれ日記

    ご近所さん

    現在アパートに住んでいるのですが、今年に入ってからご近所さんが増え…

Twitter でフォロー

オススメ記事

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

171人の購読者に加わりましょう

  1. 摂理の結婚生活

    摂理で結婚して良かったことーその3【私は幸せです】
  2. 摂理の結婚生活

    結婚して大変だったことは?
  3. 摂理の結婚生活

    摂理で結婚-幸せな家庭生活を目指して-
  4. 摂理の結婚生活

    摂理で結婚して感じること
  5. 摂理の結婚生活

    摂理で結婚して良かったことーその1【お祈り】
PAGE TOP