我が家のカブトムシたち、

今年は5月末から成虫になり、

8月にはすでに死んでしまっていた

 

5個ある飼育ケースのうち、

3個はつがい(オスとメス)にしていたら、

全てのつがいがしっかり次世代を残していた

 

カブトムシの生命力には本当に驚かされる

カブトムシが害虫と言われていたのも

わかる気がする(^_^;)

 

忙しさにかまけて

成虫がいなくなった飼育ケースを

そのまま放置していたので、

けっこう過酷な環境だったはずだが

その中でしっかり幼虫が育っていた

(自然淘汰されて、強いヤツだけが残ったはず)

 

成虫がいるころから

飼育ケースの土の中で

白い幼虫を見ることがあった

 

まだ卵から生まれたばかりの

一齢(イチレイ)幼虫を見て、

思わず、「わっ、かわいい」と思った自分にびっくり。

後から11歳女子のチタちゃんが見て

「かわいいー」と言ったのを見て二度びっくり(笑)

小さくて、真っ白でなんだかかわいいのだ(^^)

 

でも、1ヶ月ほど経つと、

大きく成長していて、

ごろっとしている

 

置いている場所が気温が高いためか、

卵からかえったのが早かったためか、

すでに成虫になってもいい位

大きく成長している幼虫もいる

まさか今から蛹になったりしないよね(^_^;)

 

 

今日は、幼虫にとっては初めての土替えをした

 

大きな飼育ケースに4匹、

もっと大きな飼育ケースに5匹、

全部で9匹

 

もそもそと土の中に潜っていく姿は

すでにかわいかった一齢幼虫の姿はない(^_^;)

 

たまに土替えをしてあげれば、

きっと来年の初夏にはカブトムシが出てくるだろう

 

小さい時は虫嫌いだった子供たち、

もう5年以上育てているカブトムシは、珍しくなく、

幼虫は気持ち悪がるけれど、

成虫は全く怖くも気持ち悪くもないらしい。

 

ずいぶん虫に強くなってきたのを感じる

 

当初の目的、都会育ちの虫嫌いの子供たちを

虫が大丈夫にする、というのは達成できた

 

とはいえ、虫が大好きで自分で面倒を見る、

ということはないので、

結局、親(かなりあっこママ)が面倒を見ている(^_^;)

 

また育ち始めているカブトたち、

もう1シーズンは育てて、

今回で終わりにしょうかなぁ

 

あっこ

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!
The following two tabs change content below.
あっこママ

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。夜中まで働き、海外出張もこなすキャリアウーマンだったが、摂理での結婚、出産により、在宅勤務を経て、完全退職。今は、主と共に小学生の娘(11歳)と息子(7歳)の育児に奮闘中!趣味は食べること、旅行(学生時代にユーラシア大陸を陸路で横断した経験あり