私は毎朝JR線で通勤しています。

車でも通勤できますが、行き帰りの時間をより有効に使えるJRの方が好きです。

というか、昔から鉄道が好きなのです。

まあ、そんな話は一旦置いといて、

今朝もいつものように列車の席に座っていましたが、ふと窓の外を見てみると、ちょうど窓ガラスに1匹の虫が留まっていました。

(よく見る虫だけど名前が分からない…)

私たち人間にとってもかなりのスピードで走っている列車です。

ましてや虫にとったらどれほどのスピードか。。。

私たちにとっては、時速270kmで走る新幹線の窓に貼りつくようなものでしょうか。。。

この虫の触覚が風でたなびきまくっている様子を見ると、いかに必死で窓ガラスにしがみついているかが分かります。

ああ、なぜお前はこんな大変な場所にわざわざ留まっているのか…

こんなところじゃなく、その辺の葉っぱとかに留まっていたら、もっと楽で楽しい人生(いや、虫だから虫生か…)を送れていただろうに。

鄭明析先生も、昔部屋でコオロギを飼っていたそうですが、そのコオロギを通じて悟ることもたくさんあったそうです。

ある時は、コオロギが部屋の天井に24時間もずっと貼り付いていたそうですが、その姿を見て「すごいな。」と言ってもっとたくさん御言葉を書く力を得たそうです。

困難な状況でも頑張って耐え忍ぶことを、神様はこんな小さな虫を通して教えてくださったのですね。

身の回りの自然や万物から悟れることってたくさんあります☆

これからも、身の回りにある神様からのメッセージを受け取っていきたいです。

ちなみに、その日の帰りに職場の最寄駅で列車を待っていたら、駅のガラス窓に大きなキリギリスが貼りついていました。

行きだけでなく帰りも神様が悟らせてくださっている…!

感謝感謝です。

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!
The following two tabs change content below.
義高(よしたか)

義高(よしたか)

徳島県で働く地方公務員です。 大学生の時に「キリスト教福音宣教会(摂理)」に出会いました。 趣味は音楽(ギター、ベース、カホン等)、鉄道、旅行、美味いもの巡り、お笑い、不定期に行なう筋トレ、ラケット系競技など。 基本的にのんびりまったりとした人間です。 最近のマイブームは卓球、ワールドカップを機にサッカー観戦にもハマりそう。 摂理で出会った人と結婚し、秋に待望の第一子である男の子(まーくん)が誕生しました!
義高(よしたか)

最新記事 by 義高(よしたか) (全て見る)