つれづれ日記

ケロリン発祥の地 富山県から思い返す「銭湯」と御言葉


先週は久しぶりに富山県富山市に出張でした。

北陸新幹線が開通してからは、富山・金沢にも観光客が押し寄せており、駅前も開発が進んでます。

富山県とくれば・・・

ダントツNo1はホタルイカ!

ホタルイカ好きの筆者は出張先協力会社の担当に勧められ、つい買ってしまいましたが、これが裏目に出て自宅で妻子から「匂いが臭い!」と迫害されました。。

他にも白エビや富山ブロック(ラーメン)も有名ですが、やっぱりセンターはホタルイカです。

しかし銭湯に行った経験のある方ならば誰しも見たことがあるだろう、この銭湯桶の発祥の地が富山県であることをご存じでしょうか?

このケロリン桶、実は富山県に本社を置く内外薬品(株)の広告媒体ですが、銭湯を愛する筆者の勝手な感覚としては、銭湯桶広告企業としては、圧倒的No1でないでしょうか。

『ケロリンおけ』誕生は1963年で50年以上の経緯があり、今でも企業広告メディアとして持続しているってのが面白いですネ。

(参考)「なぜ銭湯のおけは「ケロリン」なのか?」

銭湯好きの師鄭明析牧師先生も、「銭湯」を比喩とした御言葉を伝えられています。


<2012年4月13日金曜日の明け方の箴言>

「銭湯では垢を擦ることが心も行ないも易しい。銭湯で垢を擦らないことが心も行ないも難しい。」「銭湯は垢を擦ることのできる条件が整っている所であるように、摂理史は自分の罪を悔い改めることのできる条件が整っている所だ。」


<2016年12月16日金曜日の明け方の箴言>

「<洗うべき人>に「銭湯」ほどよいものはない。<洗うべき人>に「水」がなく、<洗うべき人>が「銭湯」を探してもなければ、どれほどやきもきするだろうか。」「そうして、ある人が通っていく時、「あそこに銭湯があります。看板はなく一般家庭のようでも、銭湯です」と言って、連れて行って、垢を擦ってあげ、きれいに洗ってあげたなら、その人は「救い主の役割」をしたのだ。」


ケロリンを通して、自分の好きなホタルイカで家族に迷惑を掛けたことを悔い改め、銭湯に行って垢も罪も洗い流したいなとの感動を(?)受けた富山出張でした。

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!
The following two tabs change content below.

うっちー

社会人デビュー後、仕事漬けの平日と合コンだけの週末に虚しさを感じた時、摂理に出会い、摂理序盤人生のイヤイヤ期を経て、導かれるまま気が付けば結婚。子供のイヤイヤ期を経て、自らのイヤイヤ期を悔い改めました。プレイングマネジャー職で日本全国を出張する出張族です。

関連記事

  1. つれづれ日記

    メロディーのあるお祈り

    『讃美はメロディーのあるお祈りだ』(by鄭明析先生)&nbsp…

  2. つれづれ日記

    転職してから一年

    転職してから一年が経ちました。一年を振り返ってみて、自分の命が…

  3. つれづれ日記

    ちょっと嬉しいメッセージ

    今日は、ちょっと嬉しいメッセージが届きました。3年ほど前から手…

  4. つれづれ日記

    家庭礼拝でお絵描き〜切実〜

    家庭礼拝に目が開いてから、毎日家族で礼拝をしています。…

  5. つれづれ日記

    初めての遠出

    子育て奮闘中のまりもです。8月といえばお盆…

  6. つれづれ日記

    キリスト降誕セット

    Nativity set(キリスト降誕セット)です。初めて見ました。…

Twitter でフォロー

オススメ記事

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

168人の購読者に加わりましょう

  1. 摂理の結婚生活

    摂理で結婚-幸せな家庭生活を目指して-
  2. 摂理の結婚生活

    摂理で結婚して良かったことーその3【私は幸せです】
  3. つれづれ日記

    後輩の結婚式
  4. 摂理の結婚生活

    結婚のお祝い
  5. 摂理の結婚生活

    ちょっと気になる摂理の結婚!祝福・結婚式〜私の体験談〜
PAGE TOP