つれづれ日記

子育ての中で親が常にわきまえておくべきことについて


今日も育児に奮闘した皆さま、
お疲れ様でした。
育児について勉強中の皆さま、
お疲れ様でした。

私は寝かしつけに30分ほどかかり、
うっかり自分が
寝かしつけられるところでした
(苦笑。育児あるあるですね)
夕方には眠そうにしていたのに、
子どもは体力ありますよね…。

親は子どもを一番に想うあまり、
ついつい過保護になりがちです。
最近は少子化ゆえ、
その傾向が顕著だとも
言われていますね。

そうはいっても、
子どもを守りたい。
危険から遠ざけたい。
変な事件等に巻き込まれないように。

でも親が子を想うあまり、
成長の機会や自分で考える力まで
奪うことになってはいけません。

親が幼い子どもを抱いて行けば、
幼い子どもは歩く味を感じられない。

人生を教えて、
それぞれが自分の手と足で行なって
人生を感じながら行くようにすべきだ。
苦労しても身を持って
体験して生きてこそ有益だ。

<2010年12月14日
鄭明析牧師の明け方の箴言 より>

あまりにも深い心の傷になることや
命の危険があることから、
有無を言わさず親が守るべきですが、
でもそれ以上に
何が危険なことで、
どうすれば自分の身を守れるのか、を
子ども自身が判断できるようにすることが
親の大きな役割でもあります。

子ども自身が
自分で自分を守れるようになれば、
いつか親から離れるときが来ても
安心して送りだせるはずです。
(そんな日を想像すると泣きそうですけど・笑)

隣りで眠っている子どもが
いつまでもその大きさで
いてくれるわけではありません。
かわいいけれど、
そのままでいてくれたら困ります。

「今」は幼いけれど、
「将来」は違う。

その事実を常に
頭の中に置いておけるのか、が
子どもの将来のための鍵に
なってくるのかもしれませんね。

この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!
The following two tabs change content below.
Ricca

Ricca

摂理に来て12年、家庭をもって4年、2歳の女児がいる新米ママです。思い通りにできなくて自分にイライラしちゃうこともある、フツーの人です。好きなものはチーズ、グレープフルーツ、固めのプリン、ビターチョコレート、御言葉。これまでの人生、器用貧乏で専門性に欠けるのが悩み。
Ricca

最新記事 by Ricca (全て見る)

関連記事

  1. つれづれ日記

    イライラしたり落ち込んだりしたときの処方箋

    摂理にはいろんなママさんがいらっしゃいます。教会にもいらっしゃいます…

  2. つれづれ日記

    風邪の特権

    (photo by トラ君)子供の風邪がうつったあっこママ。幼…

  3. つれづれ日記

    日本人って一体・・・

    摂理ママのあっこです小児科へ行った帰り、近くのスーパーに行…

  4. つれづれ日記

    罪について考えた過去の日記

    人は根本的に自分が社会的に存在するために、「自分が社会から必要とされて…

  5. つれづれ日記

    とき(時)を知って生きるとは?

    入園入学式シーズン摂理ママのあっこ家の隣には小…

  6. つれづれ日記

    摂理/サッカーで起きたしるし

    三男(小1)は地元のサッカークラブに通っています。試合中、三男…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Twitter でフォロー

オススメ記事

アーカイブ

  1. 摂理の結婚生活

    結婚のお祝い
  2. 摂理の結婚生活

    摂理で結婚して感じること
  3. 摂理の結婚生活

    摂理で結婚して良かったことーその3【私は幸せです】
  4. 摂理の結婚生活

    ちょっと気になる摂理の結婚!祝福・結婚式〜私の体験談〜
  5. 摂理の結婚生活

    摂理で結婚-幸せな家庭生活を目指して-
PAGE TOP