つれづれ日記

人との関わりで、気を付けるべきこととは?


人をさばくな。
自分がさばかれないためである。
あなたがたがさばくそのさばきで、
自分もさばかれ、
あなたがたの量るそのはかりで、
自分にも量り与えられるであろう。
なぜ、兄弟の目にあるちりを見ながら、
自分の目にある梁を認めないのか。
自分の目には梁があるのに、
どうして兄弟にむかって、
あなたの目からちりを取らせてください、
と言えようか。
偽善者よ、
まず自分の目から梁を取りのけるがよい。
そうすれば、
はっきり見えるようになって、
兄弟の目からちりを取りのけることができるだろう。

<マタイによる福音書 7章1-5節>

ハレルヤ、Riccaです。
今日はこの聖句をご紹介。

というのも…、
聖書って、物語じゃないんです。
「読んで終わり」っていう
エンターテイメント的な書物ではなく、
「人生の必須参考書」なんですよね。

だから、この聖句からも
必ず学ぶことがあり、
人生に活かすべきことがあります。

そう思うと、ぶあつ~い聖書も
ちょっとは読んでみる気にもなる…かも?!

閑話休題。

ここでは裁くという言葉が出てきますが、
何も裁判官の人に該当する話
というわけではありません。

裁く=判断する(批判する)

というと分かりやすいかも。

自分の考えで勝手に判断して、
人にああだこうだと言ってはいけない

ということなんです。

人間、自分のことは
意外と見えているようで見えていません。
けれど、不思議なことに
他人のことならよくわかるんです、長所も短所も。

いえ、
実はわかると思っているだけなんです。

私たちが見えるのは、「現在のその人」。
せいぜい「ちょっと前という過去」くらいでしょう。
その人の「未来」も「心情」も「本当の事情」も
わかることができません。

まさにそれは
「ただ神のみぞ知る」ことです。

だから、私たちは、
他人を見て、
自分の考えで判断してはいけないんですね。

文字にすれば実に簡単なことなんですが、
やってみると結構難しいことです。
知らず知らずのうちに
判断しちゃっているからです。

「こういうこと言う(する)なんて、
きっとこうに違いない」

って、今までの経験で
勝手に考えちゃうんですよね。

自分の思考の癖を直すのは
なかなか簡単なことではないのですが、
そういう癖が出るたびに修正して
直してしまわないといけません。

人間関係で誤解して
ぎすぎすして…なんて
人生もったいないですもんね☆

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!
The following two tabs change content below.
Ricca

Ricca

摂理に来て12年、家庭をもって4年、2歳の女児がいる新米ママです。思い通りにできなくて自分にイライラしちゃうこともある、フツーの人です。好きなものはチーズ、グレープフルーツ、固めのプリン、ビターチョコレート、御言葉。これまでの人生、器用貧乏で専門性に欠けるのが悩み。
Ricca

最新記事 by Ricca (全て見る)

関連記事

  1. つれづれ日記

    幼児が泣く理由4つと我が家の対処法

    はじめに子どもが泣くと耳についちゃって…特にママはすぐに反応しま…

  2. つれづれ日記

    保育園に入ることになりました!

    半年間ほど保育園探しをしていましたが、どこもいっぱいで預けられずにいま…

  3. つれづれ日記

    やる気が出ないときの魔法の言葉――「もう少しだけ」

    『もう少しよくできる能力』は誰にでもある。その能力はどのように出て…

  4. つれづれ日記

    既存性

    子育て奮闘中のまりもです以前、離乳食奮闘中…

  5. つれづれ日記

    ぶどうの保存法

    秋の果物の一つ、ぶどう。親はもちろんですが、娘は無類のぶどう好き。…

  6. つれづれ日記

    パパのテリトリー

    この料理に限っては、パパのテリトリーなのです。すべては、パパの指…

Twitter でフォロー

オススメ記事

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

168人の購読者に加わりましょう

  1. 摂理の結婚生活

    結婚って何?
  2. 摂理の結婚生活

    ちょっと気になる摂理の結婚!祝福・結婚式〜私の体験談〜
  3. 摂理の結婚生活

    結婚は異文化交流!?
  4. 摂理の結婚生活

    摂理で結婚-幸せな家庭生活を目指して-
  5. 摂理の結婚生活

    摂理で結婚 〜あっこママの体験談
PAGE TOP