摂理ママのあっこです

夏休みといえばプール!

子供たちと一緒に近くの区民プールに
遊びに行きました

おにぎりとおかず、
作りおきのホットケーキ、

念のため、
家にあった干し芋も
持っていきました

お昼を食べてから、
プールでたくさん遊んだら、
少食の子供たちもお腹が空いたらしく、
ホットケーキを取り合うように食べ、

念のための干し芋も食べ始めました

袋のほとんどを食べたあとに

幼稚園生のトラ君が
「これ、変な色だからママにあげる」

見ると、、、、
一面びっしり白いカビが!!!

文字通り椅子から飛び上がって
「もう食べちゃダメ!」

子供たちはびっくりして
食べるのをやめました

カビが生えていたのは
その1本だけだったか、
他のもカビていたか、

すでにとき遅し、、、わかりません

ネットで調べたら、
カビ毒(※)について、
カビの危険性について
いろいろ書いてあります(汗)

あっこママは神様に祈りました
「神様、私がうっかりして、
私も子供たちもたくさんカビを食べたかもしれません。
どうか体の外にならないように守ってください」

ネットで調べて、
一応、近くの小児科にも
電話で聞きました

カビ毒(※)持っているカビもありますが、
大量でなければ
問題ないということ。

あっこママ「かなりたくさん食べちゃったんです(>_<)」

小児科ナースのアドバイスは以下のとおり

・すでに胃に入ってしまったものは無理に吐かせなくてよい
・もし嘔吐をしたら、そのまま全部吐き切ること
・10回20回と嘔吐するようだったら、病院に連絡
・24時間何もなければ、とりあえずは問題無し

そしてちょっと怖い声で
「お母さん、この時期、食中毒が多いですから、
子供に気をつけて食べさせてくださいよ」

はい、おっしゃるとおりです。

添加物がないものを子供に食べさせようとして
カビがついたものを食べさせるなんて!!!
私ってホントに(>_<)

殺菌効果がある緑茶を飲ませ、
塩分が高い梅干しを食べました。
水分も普段よりもかなり多めに取り、
食事もたくさん食べさせました。

子供たちには

「悪いものが体の中に入ったから、
早く外に出さないといけないよ」

「気持ち悪くなったり、お腹が痛くなったら
すぐに教えてね」

2時間後、半日後、24時間後
子供たちも私も変わらず元気でした

この1日はいつもよりも緊張して、
神様に守ってくださったことに
感謝しました!

神様を信じない日本人なら
問題になる量を食べなかったから
問題にならなかっただけで、
神様は関係がないじゃないか、と
思いそうです。

私も摂理で神様のことを知らなかったら
「ラッキー」で終わらせたかもしれない

でも、もしそうじゃなかったら?
神様が守ってくださっていたら?

そうでないと誰がわかり、
誰が断言できるでしょうか?

それを当然だと、
ラッキーだと片付けることは
日本人の良心に照らして考えても
おかしいこと、恩知らずなことです

神様は
私たちがわかってもわからなくても、
助けて守ってくださっています。

それをわかって、
神様に祈り、
神様に感謝できる生になったこと、

神様を正しく教えてくださる
先生に出会えて、
正しく生きられるようになったこと、

そのことに
本当に感謝します(^^)

※食品のカビとカビ毒について
農水省のサイトより
http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/risk_analysis/priority/kabidoku/kiso.html

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.
アバター

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 中学生のチタちゃん(女子)と小学校低学年のトラ君(男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中!子供が学校にいる時間に主婦パートのお仕事をしています(^ ^)
アバター

最新記事 by あっこママ (全て見る)