中学生女子のチタちゃんと小学2年生男子のトラ君、

ある平日の夕方、思い立って、

話題の「チームラボ ボーダレス」に行きました

 

平日の夕方だけあって、

ネットですぐに予約が取れ、

スムーズに入場できました

 

最初に、エントランスで

日本語と英語で説明を受けます。

周りは、外国の方ばかりで、

日本人率は2割を切っている(^_^;)

 

中に入ると、

真っ暗な部屋の中を、光が移動していき

テーマ別に部屋があり、

移動する光のかたまりによって世界観が変わります

歩いているうちに、

どれが限界か(どれが壁か)、

どれが本物の人間で、どれが映像か、

わからなくなります

うまく言葉では表現できないけれど、

現実の世界ではないような、

夢の世界にいるような、

不思議な感覚になりました

子供たちは、動く映像に触ってみたり、

走っていく動物たちと一緒に走ったり、

最初は光の世界を楽しんでいたけれど、

一番楽しんでいたのは、「運動の森」

広い滑り台があり、

宇宙空間に浮かぶトランポリンがあり、

光の玉に足をかけて登るボルダリグがあり、

自分が塗った絵が光の映像となって

動き回るのを見ることもできます(↓)

 

↓時間が経つと色が変わる大きなボールたち

うちの子たちは体を動かしているのが

一番楽しいようで、

飛んだり跳ねたり滑ったりして遊んでいました

 

ただ、浮遊しているような、

仮想現実の、夢の中にいるような、

現実ではないような感覚がなじめなかったのか、

「また行きたい!」コールは

うちの子たちからはなかったです

 

↓小さい子専用の遊び場もありました

中に入ってしまえば、

好きなだけいることができ、

室内なので、

真夏の暑さや真冬の寒さからも逃れられ、

けっこう体も動かすことができます(^^)

 

夢をたくさん見る方や、

夢をよく覚えている方は、

光と闇と、人が本物か影かわからずに、

行ったり来たりしている雰囲気が

寝ている時に見る夢の世界に似ていると

感じるかもしれませんね(^^)

 

ちなみに、寝ている時に見ている夢は

どういう世界かご存知ですか。

 

私は、聖書を勉強して、

夢の世界がどういうものか知った時は

とても衝撃を受けました!

 

いつも応援いただきありがとうございます。 この記事が気に入ったら、いいねボタンを押してね!

The following two tabs change content below.
アバター

あっこママ

早稲田大学 政治経済学部卒、東京都心に在住。 【 中学生のチタちゃん(女子)と小学校低学年のトラ君(男子)、ぱんだパパの4人家族】 大学生のときにキリスト教福音宣教会に出会う。 15年以上、海外出張もこなし夜中まで働くキャリアウーマンだったが、今は主婦として自分を作り中。 趣味は食べること、有酸素運動(水泳、ジョギング)、旅行、動物園・水族館に行くこと、偏食&少食の子供たちのために簡単においしくできるご飯を探求中!子供が学校にいる時間に主婦パートのお仕事をしています(^ ^)
アバター

最新記事 by あっこママ (全て見る)